NEW

『家売るオンナ』三軒家の“虚偽&脅迫”セールストークで成約は、倫理的に問題ないのか

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
北川景子

 

 今クールの連続テレビドラマ『家売るオンナの逆襲』(日本テレビ系)の第1話が9日、放送された。

「私に売れない家はない」と豪語し“伝説の不動産屋”として名を馳せるテーコー不動産新宿営業所売買仲介営業課チーフの三軒家万智(北川景子)は、部下の庭野聖司(工藤阿須加)と共に、定年を迎える夫と専業主婦の夫婦を高層マンションの内覧にアテンドする。しかし、その物件にまるで興味を示さない妻は、三軒家と庭野を連れて先に家に帰り、イビキがヒドくて顔も気に食わない夫と、これから死ぬまで一緒に生活をして、さらに死んだ後も同じ墓に入るのが嫌で、離婚を考えていると明かす。しかし三軒家は、寝室が別々で、さらに夫には内緒で妻が一人で入れるお墓をオプションにつけた物件を紹介し、妻の合意を取り付けることで成約に至る。

 次に三軒家は、「世間から身を守れる家」を探す人気ユーチューバーのにくまる(加藤諒)にボロボロの一軒家を紹介するが、家の前でにくまるが若い男性グループにカラマれてしまい、三軒家はにくまるから激怒される。そして、男たちに小突き回されているにくまるを救ったフリーの不動産業者・留守堂謙治(松田翔太)に、にくまるを取られてしまい、にくまるは留守堂から紹介された山奥の古民家を一発で気に入り契約してしまう。にくまるは幼い頃に両親が離婚し、引き取られた“育ての親”である祖母の家に、その家がそっくりだったのだ。

 その様子を見ていた三軒家は、なぜかにくまるに紹介したボロ家の塀を壊し、自身がユーチューバーになり「丸見えハウスのサンチー」というチャンネルを開設し、外から丸見えの家で生活し始めて、その模様を動画で公開。瞬く間に人気チャンネルとなり、早くも山奥での生活に飽きたにくまるが三軒家のところに飛んでくるのだが、三軒家はにくまるに対し、「人々の目、賞賛と批判の嵐です。それこそが、あなたの命を支えているのです」と
営業トークを展開し、そのボロ家を1億円で売ることに成功するところまでが放送された。

三軒家の営業手法に疑問

 ドラマとしてはコメディータッチなのだが、三軒家がアップの表情で「ゴー!」というたびに周囲が三軒家の指示に服従したり、仲村トオルの“間の抜けた課長”役が板についていなかったり、イモトアヤコがむやみやたらにウルサかったりと、全体的に“空回り感”は否めず、個人的にはノリについていけなかったというのが正直な感想だ。

 また、そもそも三軒家が客を成約に持ち込む秘策が、全然説得力がなく、まったくもって秘策になっていないのはいただけないのだが、あくまで「ドラマ=娯楽」と割り切って、肩の力を抜いて視聴する分には十分に楽しめる作品には仕上がっているのかもしれない。その意味では、“可もなく不可もなく”といったところだろうか。

『家売るオンナ』三軒家の“虚偽&脅迫”セールストークで成約は、倫理的に問題ないのかのページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事