NEW

“新型モノマネ芸人”か“サンドウィッチマンの弟子”か 2019年要注目のお笑い芸人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「キングオブコント2018」公式サイトより

 ひょっこりはんの登場に始まり、チョコレートプラネットやガリットチュウ・福島善成らがブレイクした2018年のお笑い界。さらに、キングオブコントで優勝したハナコや、M-1グランプリ優勝の霜降り明星など、期待の若手芸人も大きく飛躍した。

 かつてのお笑いブームのような大きな盛り上がりはないものの、毎年確実に数組の芸人がブレイクするお笑い界。2019年は果たして、どんなお笑い芸人がチャンスをものにするのだろうか? お笑いに携わる業界人に、ブレイクが予想される芸人をピックアップしてもらった。

「キーワードはモノマネ」と話すのは、お笑い事務所関係者A氏。確かに、チョコレートプラネットはIKKOと和泉元彌のモノマネでブレイクし、さらにガリットチュウ福島も船越英一郎やダレノガレ明美などのモノマネで人気を博した。

「すでに年末年始の時点で多くの番組に出演している和田アキ子の物まねをする『Mr.シャチホコ』は、まだまだ売れるでしょう。さらに、綾瀬はるかのモノマネをする『沙羅』や、沢口靖子のモノマネをする『メルヘン須長』あたりは、出番を増やしそうです」(A氏)

 また、霜降り明星がM-1で優勝したことによって、若手漫才師にも注目が集まりつつあるという。

「M-1グランプリ 公式サイト」より

「M-1の準決勝に目を向けると、芸歴10年未満くらいの個性的な若手が多数いるんですよ。たとえば、熊本出身の『からし蓮根』は奇天烈なボケが印象的で、ただならぬセンスを感じます。また、ツッコミの杉本青空の奥さんが美容エステを経営する社長というのも、バラエティーでいじり甲斐がありますね。また、“正義感が強いおじさん”のモノマネをネタに入れてくる『ダンビラムーチョ』も注目でしょう。おじさんのモノマネは、あるあるネタとしても人気となる可能性がある」(A氏)

“新型モノマネ芸人”か“サンドウィッチマンの弟子”か 2019年要注目のお笑い芸人のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、M-1お笑いキングオブコントサンドウィッチマン芸人の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事