NEW

【Twitter】タイムライン上で興味のない広告や投稿を少なくする方法

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

 Twitterのタイムラインには、ざまざまな広告が流れてくる。自分の興味があるジャンルの広告なら見るかもしれないが、まったく興味や関心がない広告は鬱陶しいだけだ。また、動画広告は無駄に通信量を増やしてしまう困りものでもある。興味のないジャンルの広告が流れてきたら設定を見直しておこう。

興味のないジャンルは設定でオフにする


(Image:Jirapong Manustrong / Shutterstock.com)

 Twitterをしていると定期的に広告が流れてくるが、まったく興味がないジャンルの広告も少なくない。広告はブロックすることで非表示にできるが、その都度ブロックするのも面倒だ。

 興味や関心がない広告が表示されるようであれば、「推測される興味関心」の設定を見直しておこう。この設定は、プロフィールやアクティビティからユーザーが興味のあることを推測し、広告表示に活用しているもの。不要なジャンルが設定されていると、そのジャンルの広告が流れてきてしまうのだ。興味のないジャンルをオフにすれば、表示される広告を最適化できる。

続きは【オトナライフ】で読む

【Twitter】タイムライン上で興味のない広告や投稿を少なくする方法のページです。ビジネスジャーナルは、IT、FacebookLINETwitterアプリ広告の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • IT
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事