NEW

NGT山口真帆の暴行告発、背景にAKBグループ内でのNGT軽視か

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
山口真帆(公式ツイッターアカウントより)

 新潟に拠点を置くアイドルグループ・NGT48山口真帆が、男性2人から暴行被害を受けていたことを告白し、波紋が広がっている。

 山口は昨年12月、帰宅した自宅の玄関で男性2人から顔をつかまれるなどの暴行を受け、新潟県警は無職の男と大学生の男を逮捕。すでに2人は釈放され、不起訴処分となっている。

 被害者となった山口は1月8日、動画配信サービス「SHOWROOM」で「全部本当のことを言いたいけど……。本当のこと言わないと何も解決しないし」と語り、NGT48支配人の名前を出して「『クリーンなNGTにする』って言ったのに」「悪いことした奴だって解雇するって言ったくせに。なんも対処してくれてなくて」と批判。さらに山口はツイッターで、「あるメンバーに公演の帰宅時間を教えられ、またあるメンバーに家、部屋を教えられ、またあるメンバーは私の家に行けと犯人をそそめかして(編注:そそのかして)いました」(原文ママ・以下同)とNGTメンバーの関与を示唆している。

 これを受けてNGT と同じくAKBグループのHKT48の指原莉乃は運営元に対し、自身のTwitter上で次のように苦言を呈した。

「ここまで大きな事件を彼女に謝らせる運営だとは思いたくない」

「そこで謝らなくていいんだよ!と言えるスタッフがいなかったこともどうかと思います」

「メンバーはこれからも応援してください、としか言えないと思うしそれが気持ち的に絶対に正解だとおもうけど、運営側はそうあってはいけない。現状のままで応援してもらえるわけがないし、そんなこと思っているスタッフはいないと信じたいけど、このままで応援してもらおう!というのはおかしい」

 さらに元AKB48の増田有華も、自身のTwitter上で次のように運営元への批判を展開している。

「反省してないから、他人事だから、同じことが繰り返されるんだと思う。騒ぎになってしまったし、取り敢えず表立って謝っとくかってそんなのメンバーやファンの皆さんをバカにしてる。みんな馬鹿じゃないから分かるよねぇ。本音か嘘か、なんて。命を預かってる事を忘れないでほしいですね。これだけ大所帯なんだから、尚更」

(再発防止策として運営元がメンバー全員に防犯ベルを配ることについて)「防犯の範疇にない時に防犯ベルは取り出せないと思いますー。襲われてからじゃ遅いんや。いつの時代や」「再発しないように、防犯ベルとかそう言うのではなく、ちゃんと向き合ってほしいです」

NGT山口真帆の暴行告発、背景にAKBグループ内でのNGT軽視かのページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事