NEW

松本人志・指原へのセクハラ発言、フジテレビが“あえて”カットしなかった裏事情

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 いずれにしても、この発言をセーフだと判断してそのまま放送したこと自体、ちょっと信じられません。他局ではあり得ない。フジにはこれまで、お色気ネタや下ネタに寛容だったという歴史があり、フジのカラーとしか言いようがないですが、特に40代以上の社員のなかには、いまだにセクハラやパワハラということへの認識が足りない人が多いという印象です。そういう社風が、今回のような事態を招いたといえるでしょう」

 また、別のテレビ局関係者は語る。

「問題となった発言のシーンを見る限り、少なくてもスタジオ内はウケていたようなので、スタッフが大御所である松本に忖度して、あえてカットしなかったのかもしれません。もっとも、MCの東野幸治やゲストの古市のニヤついた表情や、指原の驚いた表情などから、画面からは言いようのない“嫌な空気”が醸し出されていたので、あの画面を見てカットせずに放送したというのは、判断としては相当まずい。スタッフが話題になることを狙って確信犯的にやったのだとすれば、いき過ぎですね」

 番組サイドから今後、なんらかの説明が行われることはあるのだろうか。
(文=編集部)

松本人志・指原へのセクハラ発言、フジテレビが“あえて”カットしなかった裏事情のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking

関連記事

BJ おすすめ記事