NEW

キャリア官僚がコピペミスで自殺未遂。自分の「異常性」に気付かないのは何故か

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 その理由について西多氏は、まず否定的な価値観は、異常なものと認識しづらい部分があることをあげる。また、もう一つ、彼が抱えていた不安が相談しにくく、そして「病気に思われたくない」という心理が働いていたのではないか、と推察する。

 こうしたケースは仕事の出来不出来に限らず起こることであり、責任感が強い人間は要注意とも言えるべきものだ。

 「異常性」という判断の難しいテーマについて、本書では8つの事例を通して分析を試みている。どのケースにしても、これらを他人事として受け止めるべきではないだろう。周囲の人間が、そして自分自身がこうなってしまう可能性は存在するからである。
(新刊JP編集部)

※本記事は、「新刊JP」より提供されたものです。

キャリア官僚がコピペミスで自殺未遂。自分の「異常性」に気付かないのは何故かのページです。ビジネスジャーナルは、スキル・キャリア、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • スキル・キャリア
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事