NEW

純烈・友井、15年以下の懲役刑の可能性も…DVにより相手女性を流産させた疑い

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
純烈の公式ブログより

 2018年大みそかに『NHK紅白歌合戦』初出場を果たしたばかりの音楽グループ・純烈。さらなる飛躍を期待された矢先にメンバー・友井雄亮のDV加害が発覚し、芸能界引退の道をたどることになった。

 1月10日発売の「週刊文春」(文藝春秋)に掲載された“誓約書”により発覚した、友井のDV。そこに記された内容は凄惨なもので、交際相手の女性に過激な暴力を振るって頭・手首・太ももに大怪我を負わせていた。また、たび重なる浮気に暴言、妊娠・流産させて「逆によかったやん」と発したことなどが綴られている。

 報道を受け11日に友井は会見を行い、女性とその家族に向けて謝罪。報道内容を認めた上で関係者に対しても頭を下げ、「純烈としてのスローガンに反する行為をしてしまったので、脱退して芸能界から身を退きます」と語った。

 そんななか、友井ファンと思われるツイッターユーザーが、「友井雄亮 Comebackプロジェクト」と題されたアカウントを開設。3万人の署名を集めて嘆願書を作成することを目指すとしたが、ネット上では「DV男の復帰を願うなんて気持ち悪すぎる」「犯罪者相手に復帰の嘆願書って、自分でなに言ってるのか理解してるの?」「被害者の気持ちになりなよ!」などと批判が相次いだ。

 一方、純烈の残りのメンバー4人は15日に会見し、リーダーの酒井一圭は友井の行動について「許されない」と断罪。「僕のなかでアイツは死にました。もう会うことはない」「皆が残すと言ったとしても、僕は絶対許さなかったと思う」と絶縁宣言した。また会見を前にして復帰プロジェクトのアカウントが閉鎖されており、酒井はプロジェクトに理解を示しつつ「『これは違う、仕方のないことだ』と冷静になったのだと思う」と語った。

 純烈メンバーの会見に対して、ネット上には「リーダーは下手に友井をかばわずよく断罪したと思う」「長年苦楽を共にしてきたグループだから本当に辛いだろうね」「友井の引退は絶対に避けられなかったこと。4人で頑張ってもらうしかない」「“復帰させたくない”という思いは誰よりも純烈メンバーが強いのではないか」とさまざまな意見が溢れ返っている。

純烈・友井、15年以下の懲役刑の可能性も…DVにより相手女性を流産させた疑いのページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、DV友井雄亮純烈の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事