NEW

私が、母親が苦しむ延命治療ではなく、「看取り介護」による安らかな死を選んだ理由

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Gettyimages」より

 母が特別養護老人ホームに入所して1年経った頃、医師に呼ばれた。

「これからは、看取り介護になります」

 肺がんを患う88歳の母の死期が迫っているという宣告だった。

「食欲が極度に落ちています。食事を受けつけないときには、なんとかゼリーを少しでも食べてもらうようにはしていますが……。看取り介護になって6カ月生きた方もいますから、今日明日というわけではありませんが、いつ死んでもおかしくない状態にはなっています」

 私はショックというよりも、目がテンになった。ピンとこなかったのだ。在宅介護をしているとき、訪問医に言われたことがある。

「肺がんが進行すると、かならず呼吸困難になるので、痰の吸引や酸素吸入がご家族の仕事になります」

 母が検査入院をしたとき、頻繁に痰が絡んで、ゼーゼーと喉を鳴らして苦しみ、看護師に吸引をしてもらっている患者を見たことがある。母もあんなふうになってしまうのだろうかと思うと、切なかった。だから、特に息苦しさを訴えていない母が死に直面しているなどとは思っていなかったのだ。

食事を受けつけなくなる→点滴→痰が増えて苦しむ


 医師から、今後の方針の確認があった。

「食事を受けつけなくなると、死期は近くなります。点滴で栄養を補給するという方法もありますが、どうしますか?」

 母は日本尊厳死協会の会員で、終末期医療における延命治療を希望しない旨が明記された事前指示書(リビング・ウィル)にサインをしている。特養に入った頃にはすでに母の認知症が進行しており、本人はリビング・ウィルの意味さえ忘れていることを考えれば、母の意志と言えるのかどうかという一瞬の迷いもあったが、やはり元気だった母の意向を汲むことに決めた。

「自然に任せる」と伝えると、母の担当看護師が言った。

「自然に任せたほうが、ご本人も苦しまなくてすむんですよ」

 へえ、そういうものなのかと驚いた。
 
 病院では一般的に、食べたり飲んだりできなくなれば、点滴などによって栄養や水分を補給する。ホームの看護師が言うのは、病院で点滴治療をすると、かえって痰が増えて苦しむのだという。

私が、母親が苦しむ延命治療ではなく、「看取り介護」による安らかな死を選んだ理由のページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、延命治療特別養護老人ホーム看取り介護の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事