NEW

宅見勝射殺事件、五代目山口組・渡邉芳則組長の指示だった!21年目の真相告白

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤクザが意外に“スピリチュアル好き”な理由

――『悲憤』には中野さんの臨死体験も書かれていて、興味深かったです。

宮崎 インパクトありますよね。ああいう世界は本当にあるんだなぁと私も驚きました。お話を聞いていて、「それ、まえがきに入れましょう」となりました。大物ヤクザも三途の川を渡りかけたのか、と。

 もっとも、斬った張ったの世界にいるせいか、けっこうスピリチュアルな話が好きなヤクザは多いです。人を殺すことがどういうことなのかを、ちゃんとわかっているんですね。

 ヤクザは人をバンバン殺すイメージが強いと思いますが、実際にはそうでもありません。きちんと後先を考えているんです。自分だって長い懲役に行かなくてはならないし、組織にも迷惑がかかりますからね。

 そもそも殺人事件は年々減っていますが、その半分以上は親族による殺人です。老いた連れ合いや障害のある子どもの将来を悲観してとか、親にうるさく言われた子どもがブチ切れて……とかね【※2】。

――確かにそうですね。『悲憤』でも、中野さんは宅見さんの銃撃について毎日悩んでいたことを明かされています。

宮崎 はい。殺人はそれだけ重いことなんです。大きな数珠のブレスレットをつけているヤクザは多いですが、これは中野さんが最初に始めたのだと、竹垣さんから聞きました。

 迷信といえばそうかもしれませんけど、ヤクザは人知を超えたものをけっこうマジメに大切にしていますね。生首や幽霊などの縁起の悪い絵を刺青の柄に選ぶのも、“厄落とし”の意だと聞いています。

射殺の数日前に宅見氏と語った内容とは

――殺害された宅見若頭は「経済ヤクザ」として知られ、元弁護士の山之内幸夫さんや田中森一さんなどカタギとも広い交流がありました。宮崎さんも宅見さんと交流があったそうですね。

宮崎 はい。1992年に施行された暴対法(暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律)について宅見さんから意見を求められたことがあり、何度かお話しする機会がありました。宅見さんに限らず、大物ヤクザはカタギに対して偉そうにすることはないので、普通にお話しする間柄でした。

 実は、事件の数日前に都内ホテルの喫茶室でばったり会って、コーヒーを飲みながら暴対法について少しお話したんです。それが最後になってしまいました。

 暴対法の施行をめぐっては、山口組のほか会津小鉄や工藤會(当時は草野一家)も違憲訴訟などを起こすなど、当時は大きな問題となっていました。ところが、1995年に阪神・淡路大震災が発生し、山口組が拠点を置く神戸も被災したことから、山口組は訴えを取り下げていました。

「せっかく相談に乗ってもらった宮崎さんにも迷惑をかけてしまって……」みたいに謝られてね。宅見さんが謝ることではないんですが、そういう人でした。

『悲憤』 そのとき、山口組最高幹部が集う「奥ノ院」で何が起きていたのか? 暗黒街平成最大の衝撃「山口組若頭射殺事件」の真相を中野会会長中野太郎がついに明かす! 山口組史上もっとも怖れられたヤクザ、中野太郎。口癖は「そんなもん、いてもうたれ!」。「喧嘩太郎」「懲役太郎」の異名をもつ伝説の武闘派ヤクザがはじめて語る五代目山口組渡邉芳則組長、同宅見勝若頭の素顔と確執、そしてベールに包まれた自身のヤクザ人生のすべて! amazon_associate_logo.jpg
『ヤクザと東京五輪2020:巨大利権と暴力の抗争』 超巨大イベントから滴る甘い汁を彼らは啜るのか。初代竹中組、中野会、初代古川組で極道黄金期を生きた侠が、「黒い利権」の一部始終と「今」を明かした! amazon_associate_logo.jpg

宅見勝射殺事件、五代目山口組・渡邉芳則組長の指示だった!21年目の真相告白のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、, , , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事