NEW

女性版TENGA「iroha」、百貨店の大丸でも販売…変わる“女性の性”への視線

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TENGA広報担当者

 2018年11月21日から12月25日の期間、女性向けセルフプレジャーアイテムブランド「iroha」のポップアップストアが百貨店の大阪・大丸梅田店にオープンし、大きな注目を浴びている。同年8月に同店でコラボ展開した企画の第2弾としてセルフプレジャーアイテムを取り扱うポップアップストアが再び百貨店に登場し、女性系のウェブメディアだけでなく、朝日新聞などでも取り扱われ話題になった。

 8月は女性客にターゲットを絞ったフロア展開だったが、今回の特設ブースは「女性限定コーナー」と、男性も入ることができる「カップルコーナー」の2つの入り口が設けられ、ブース内はのれんで仕切られていた。店内には女性向けアイテムだけでなく、知名度抜群の男性向けセルフプレジャーアイテム「TENGA」や、男性の精子を観察することができる「テンガ メンズルーペ」などの商品も多数取り揃えてあった。

ブース入り口

 今回のコラボ企画では、特に日本でも問題になっている夫婦間の性の問題にカップルで取り組めるよう、楽しく解決する方法を提案している。

「前回のポップアップストアでは、女性のお客様を対象としたつくりになっていましたが、今回は『夫婦愛』をテーマとしており、カップルでも入れるように企画しました。木の枠組みでつくったこのブースは、中にいる人の顔は見えないようにしつつも、通り行く人には商品の存在がしっかりと伝わる設計です。実は今回、このブースの施工が一番、こだわった場所かもしれません」(TENGA広報担当 工藤まおりさん)

 取材当日は、カップル間のコミュニケーションアドバイザーとして活躍されているOliviAさんによる相談会も実施。取材中も女性のファンが積極的に相談を受けにくる一方で、カップル客も途切れなく訪れていた。

「前回、8月のポップアップショップでは、予想していた数字の約4倍の売上となり、2回目のポップアップストアへとつながりました」(同)

 これまでも株式会社TENGAの製品は、女性向けドラッグストアや「ヴィレッジヴァンガード」、「ランキンランキン」などの雑貨店で取り扱われており、アダルトグッズショップや匿名性の高いインターネットを利用した販売だけでなく、実店舗への展開に力を入れてきた。だが今回は、商品展開や顧客層が堅く高級店のイメージがある百貨店への出店。実に、TENGAの発売から13年目、また女性用商品のiroha発売から5年目で百貨店に進出となった。

女性版TENGA「iroha」、百貨店の大丸でも販売…変わる“女性の性”への視線のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、irohaTENGA伊勢丹大丸の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合