NEW
堀田秀吾「ストレス社会を科学的に元気に生き抜く方法」

あなたをイラつかせる“ネガティブな人”への正しい対処法、間違った対処法

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Gettyimages」より

 厚生労働省が行った労働安全衛生調査(実態調査・平成29年)によれば、現在の仕事や職業生活で強いストレスになっていると感じることがあると答えた労働者の割合は58.3%で、その強いストレスの内容において、「対人関係(セクハラ・パワハラを含む)」は第3位、30.6%と大きな割合を示しています。社会で働いていると、明るくお喋り好きな人、冷静で落ち着いた人など、さまざまなタイプの人がいます。そして、そういったあらゆる人たちとうまく付き合っていくことが求められます。

 対人関係のストレスでイライラすることもあるでしょう。しかし、イライラ、すなわち「怒り」という気持ちは、身体にとっては有害で、血圧、頭痛、血行不良を生じさせ、心臓疾患や脳梗塞などの疾病のリスクを高めることになります。さらに、ロンドン大学のレインらの研究では、たった5分間の怒りの感情が、なんと6時間にもわたって免疫を低下させるということが明らかになりました。インフルエンザや風邪も流行しやすいのに、仕事が忙しくなるこの季節、免疫が下がってしまうのはなんとか避けたいところ。

 しかし、そうありたいと願いつつも、人間ですから、誰とでもうまくやれるなんて、なかなかできません。なかでも、「ネガティブな人」を苦手だと思う人は少なくないのではないでしょうか。成功している経営者など、社会で活躍している方たちの話を聞いてみると、運気を持っていかれるので、ネガティブなオーラを持った人とは付き合わないようにしているとおっしゃる方もいます。

 ネガティブな人と一緒にいると、不平不満やマイナスの話を耳にすることが多くなり、自分自身も嫌な気持ちになったり、イライラしてくることがあります。また、ネガティブな人の意見を聞いているうちに、自分までネガティブになってしまったり、会話をしたあとはなんだか仕事も気分が乗らなくなったり、うまくこなせなくなったり。そんなことって、ありますよね。

 大阪大学の苧坂らの研究では、ネガティブな気持ちは、注意力の低下を招くことを脳科学的実験で証明しています。ネガティブな気持ちが起こると、ポジティブな気持ちに戻そうと脳ががんばるので、脳のリソースを多めに消費します。結果、注意力のために使う脳のリソースが減り、注意力が低下するわけです。注意力が下がると、仕事に支障が出てしまうこともあるでしょう。ですから、ネガティブな気持ちにさせるような人との関わり方には注意しなければいけません。

バックファイア効果


 では、ネガティブな人にはどう対処したらいいのでしょうか?

 ネガティブな人の言動に堪りかねて、私たちがその人につい言いがちになるのは、「もっと前向きに考えなよ」というアドバイスです。しかし、実はこれ、ネガティブな人をもっともっとネガティブにしてしまうセリフだったのです。

 アメリカのミシガン州立大学の心理学者モーザーによる研究によると、悲観的な人は「前向きに考えて」と言われれば言われるほど、自分の中で混乱し、さらにネガティブになってしまうということがわかりました。

あなたをイラつかせる“ネガティブな人”への正しい対処法、間違った対処法のページです。ビジネスジャーナルは、連載、ストレスセクハラパワハラの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事