NEW

【Twitter】アカウントの乗っ取りが急増している…防止する方法とは?

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

 Twitterでもアカウントの乗っ取りが急増している。アカウントが乗っ取られると、第三者が自分の名前で好き勝手につぶやくなどの被害を被ってしまう。アカウントの乗っ取りを防ぐには、2段階認証を設定しておこう。

2段階認証にはSMSを受信できる電話番号が必要


(Image:Edaccor / Shutterstock.com)

 Twitterのアカウント乗っ取りが急増しており、問題になっている。アカウントが乗っ取られると、第三者が勝手につぶやいて当人のイメージを毀損する、勝手にブロックなどの操作をする、個人情報が盗まれる、といったさまざまな被害を受ける恐れがある。このようなアカウント乗っ取りを防ぐのに効果的なのが「2段階認証」だ。

 2段階認証とは、ログインするときに「ID」と「パスワード」だけでなく「認証コード」が必要になる認証方法だ。認証コードはSMSやメールなどで送られてくるか、認証用のスマホアプリにあらかじめ設定しておき、そのアプリで作成した認証コードを利用する。万が一、IDとパスワードが盗まれても、認証コードを受け取れるスマホなどを持っていなければログインできないので、安全性が向上する。

 Twitterで2段階認証を設定すると、ログイン時に自分のスマホへ認証コードがSMSで送られてくる。この認証コードを入力しないとログインできない。つまり、手元に自分のスマホがないとログインできなくなるので、第三者によるアカウント乗っ取りを阻止できる。

続きは【オトナライフ】で読む

【Twitter】アカウントの乗っ取りが急増している…防止する方法とは?のページです。ビジネスジャーナルは、IT、InstagramLINETikTokTwitterの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
BJ おすすめ記事