NEW

中居正広は木村拓哉への土下座を要求された? SMAP解散の裏側、なぜ今さら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

『中居正広と木村拓哉

 2019年1月31日号の「週刊文春」(文藝春秋)が、中居正広のジャニーズ事務所独立説と木村拓哉との長年の不仲を報じている。記事によれば、SMAPの解散が決まった前後に中居は、ある“芸能界の大物経営者”から「(新しい地図の3人がジャニーズ事務所に)戻りたいなら、木村に土下座しろ」と言われ、これが中居と木村との確執を決定的にしたという。

 SMAP解散は2016年1月に情報が錯綜し、『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)でメンバー5人が「お騒がせしたこと」を謝罪するというセンセーショナルな事件に発展。それにより解散を免れたかと思いきや、8月には「解散する」と発表され、同年末に解散。2017年9月に、香取慎吾、稲垣吾郎、草彅剛の3人がジャニーズ事務所を退所している。

 「週刊文春」によると、SMAPの解散が決まったのは2015年12月ごろ。もともとはSMAP5人でジャニーズから独立する予定だったが、木村が事務所残留の意思を示したためグループとしての独立は頓挫したといわれている。同誌によれば、中居は解散後も香取慎吾、稲垣吾郎、草彅剛の3人がジャニーズ事務所に戻れるよう、前出の大物経営者に相談していたという。しかしその際、「戻りたいなら、木村に土下座しろ」と言われた中居は「屈辱」を感じたと、「中居の友人」が証言している。

 「木村に土下座しろ」と発言した芸能界の大物経営者とは、一体誰のことなのだろうか。

中居正広は木村拓哉への土下座を要求された? SMAP解散の裏側、なぜ今さらのページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事