NEW
小早川隆治「日本のクルマづくり~さらなる志・凛・艶・昂を目指して~」

三菱「エクリプス クロス」とBMW「X2」が車のプロたちから人気を誇る理由

文=小早川隆治/モータージャーナリスト

2019 RJCテクノロジーオブザイヤー受賞車:日産自動車セレナe-POWER

受賞理由
「エンジン、バッテリーといった主要パーツを既製の自社製品を使って構成、基本原理は単純なシリーズハイブリッドながら、低燃費の電動車両を低コストでまとめ上げた。減速回生ブレーキを有効に活用することにより、運転を楽しくかつ負担軽減する『ワンペダル操作』をも実現するシステムである」

 e-POWERを一言でいえば、エンジンで発電してモーターだけで走る「発電機式電気自動車」で、充電の心配なくモーターのみで継続して走行できる。セレナe-POWERはバッテリーをフロントシート下とセンターコンソール下に分けて搭載、320Nmのモーターと1.2Lの3気筒エンジン(62Kw)がエンジンルームに収まっている。静止状態からフルトルクの期待できるモーターならではの走りと静かさは圧巻で、走行中の車内でのコミュニケーションも容易だ。アクセルペダルを戻すことで減速が可能なワンペダルドライブにより、ドライバーがブレーキを踏む機会が70%も減るという。雪が積もった路面や氷結した路面でのメリットも大きいはずだ。

2019 RJC特別賞受賞車:本田技研工業「N-VAN」

三菱「エクリプス クロス」とBMW「X2」が車のプロたちから人気を誇る理由の画像5N-VAN|Honda」より

受賞理由
「軽バンの新基準となることを目指して開発。荷室を低床化、また助手席からリヤシート、テールゲートまでフラットな空間を実現。さらに軽バン初のセンターピラーレス仕様とするとともに、テールゲートと使い分けることで、高さのある荷物の積載をもさらに効率良くスムーズに行うことを可能とした。『積む・運ぶ』を快適にするとともに、日常生活を豊かにした」
(文=小早川隆治/モータージャーナリスト)

●より詳しい情報はこちら→「車評オンライン

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ