NEW

活動休止の嵐、メンバー間の“不仲説”…特別扱いの櫻井翔、浮いた存在の大野智

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
嵐の二宮和也(左)と松本潤(右)

 人気アイドルグループのが27日、2020年いっぱいをもってグループとしての活動を休止すると発表した。

 ファンクラブサイト内には、メンバー全員が揃って収録された動画がアップされ、一人ひとりコメントをした。リーダーの大野智は活動休止に至った経緯について、「2017年6月中旬、僕はメンバー4人に集まってもらい、自分の気持ち、思いを話しました。その内容は、2020年をもって自分の嵐としての活動は終えたいと」と説明。相葉雅紀は「5人で嵐だという気持ちが強いため、1人でも2人でも欠けてしまっては、嵐と名乗ってグループ活動をするのは難しいと思いました」と語った。

「27日の夜に行われた会見では、メンバーはしきりに仲の良さをアピールし、相葉はファンサイト内でのコメントで真っ先に不仲説を否定していましたが、こうした点が不自然ではないかということで、かえって一部では不仲説が広まる原因にもなっています。嵐は5人一緒の仕事の現場では、二宮和也と松本潤が共通の話題も多くて仲が良く、そこに相葉が加わる一方、キャスター業などで常に忙しい櫻井翔は一人遅れて来ることもある“別格扱い”で、現場でも『news zero』関連の資料などを読み込んでいたりして、大野は大野で何か一人でやっているという構図になることが多いと聞きます。

 つまり“1:1:3”というかたちですが、他の4人と比べるといまいちソロでの活動がパッとしない大野は、グループ内ではやや“浮いた存在”だったともいわれており、そういう微妙な立ち位置が今回の決断につながっていった可能性もあるかもしれませんね」(テレビ局関係者)

 気になるのは、なぜ2年も先の活動休止をこのタイミングで発表したのかという点だ。

「今回の決定をめぐっては、事務所側が強く反対したようなフシはみられず、いわば嵐のメンバーの言うがままにことが運んだ様子ですが、以前のジャニーズであれば考えられません。経営の実質上の権限がメリー喜多川副社長から娘のジュリー副社長に移行した今、その経営陣の弱腰さには驚きとともに不安さを感じます。

 昨年引退した歌手の安室奈美恵の所属レコード会社が、引退発表から1年間で大儲けしたと話題になりましたが、SMAP、嵐とたて続けにドル箱のグループを失うジャニーズも、この“安室商法”で今後2年の間に稼げるだけ稼いでおこうと考えているのは容易に想像できます」

活動休止の嵐、メンバー間の“不仲説”…特別扱いの櫻井翔、浮いた存在の大野智のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、大野智櫻井翔の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事