NEW

『家売るオンナ』視聴率1ケタ目前で想定外の大コケ危機…ファンから大ブーイングの惨状

文=美神サチコ/コラムニスト
【この記事のキーワード】, , ,

 留守堂や新人2人への批判以外に、今作で“BL(ボーイズラブ)要員”とされている営業・足立聡(千葉雄大)には「前のキャラのほうが良かった」との声が殺到しており、元営業の白洲美加(イモトアヤコ)は今回、留守堂に協力していたことで「裏切り者!」とバッシングされている。このように、複数の登場人物が嫌われている上、ストーリーにも不満が噴出しているところを見ると、視聴率ダウンも納得だ。

 ただ、第1シリーズも一度だけ9.5%(第5話)と2ケタ割れしていたものの、最終回は13.0%をマーク。偶然にも、スペシャルドラマも13.0%を記録していたとあって、『家売るオンナの逆襲』もせめて同じ数字は刻んでほしいが、果たして……。
(文=美神サチコ/コラムニスト)

情報提供はこちら