NEW

【格安SIM】安いのはわかっているけど欠点やデメリットはないの?

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

 乗り換えれば年数万円も得するとわかっているけど、何となく面倒臭くていまだに格安SIMに乗り換えていない人の何と多いことよ……。そこで今回は、あえて格安SIMの欠点やデメリットを確認してみる。逆に格安SIMへの乗り換え動機につながるかもしれないぞ!

格安SIMのデメリットは5つある!


(Image:Hadrian / Shutterstock.com)

 大手携帯キャリアから格安SIMに乗り換えれば年間数万円は安くなるのに、それでも格安SIMに乗り換えない人は「何となく面倒くさい」「格安SIMのことがよくわからない」といったことが理由であろう。そこで今回はあえて格安SIMのデメリットを確認することで、格安SIMのことを理解できるようにしよう。

 それではまず、格安SIMの5つのデメリットを確認してみよう。(1)“0000@docomo.ne.jp”といったキャリアメールが使えなくなる。(2)キャリア独自のポイントなどが使えなくなる。(3)家族割や定額通話が使えなくなる。(4)スマホの端末割引きがない。(5)実店舗がなくスマホの初期設定を自分でやる必要がある。

 だがこれは本当に格安SIMのデメリットなのだろうか、さっそく検証してみよう。まず、現在ではキャリアメールはさほど重要ではない。LINEやGmailで十分代用できるからだ。次にキャリアのポイントは、ドコモは「dポイント」、auは「au WALLETポイント」、ソフトバンクは「Tポイント」と、汎用性のあるポイントなので、乗り換えても消滅せずに利用可能である。また、格安SIMの一部では家族割があるし、ほとんどの格安SIMが月額850円程度で1回10分の定額通話サービスを提供しているのだ。

■格安SIMのデメリット

(1)キャリアメールが使えない
→LINEやgmailで代用できる

(2)キャリアのサービスは使えない
→実店舗のある格安SIMも増えている

(3)家族割や定額通話が使えない
→格安SIMでも家族割や定額通話が可能

(4)スマホ端末割引がない
→キャンペーンを利用すると安くなる場合も

(5)スマホの初期設定が必要
→店舗のある格安SIMなら自分でやる必要はない

続きは【オトナライフ】で読む

【格安SIM】安いのはわかっているけど欠点やデメリットはないの?のページです。ビジネスジャーナルは、IT、キャリアスマートフォン携帯電話格安SIMの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
BJ おすすめ記事