NEW
木村隆志「現代放送のミカタ」

『3年A組』の菅田将暉が『女王の教室』の天海祐希になれない理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
3年A組 ―今から皆さんは、人質です―|日本テレビ - 日テレ」より

 監禁、暴力、爆破などの過激なシーンが満載の学園クライムサスペンス『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系)。

「視聴率が獲れないから」と学園が舞台の作品が激減し、「視聴率を獲るため」に1話完結の事件ドラマが量産されるなか、ワンテーマを追う長編サスペンスを選んだこと自体、チャレンジ精神を感じる。

 また、教師の不祥事、いじめによる自殺、学級崩壊などの深刻な学校問題が次々に報じられるなか、「不謹慎狩り」のリスクを恐れない姿勢も評価されてしかるべきではないか。

 そんな姿勢が視聴者に伝わったのか、平均視聴率は1話から10.2%、10.6%、11.0%、9.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、日曜22時30分からの放送としては明らかな好結果を得ている。

 同作は、なぜ支持されているのか? 一方で、どんな死角があるのか? それぞれのポイントを解説していく。

極端な設定とネタバラシの狙いとは


 まず「教師が生徒を監禁する」という極端かつシンプルな設定は、脳内刺激を求め、ながら視聴の多い若年層への訴求度が高い。

 さらに、実は刑事が仲間だったり、生徒が殺されていなかったり、主人公が病気を抱えていて倒れたり……。ネタバラシのスピード感が速いのも、モタモタ展開を嫌ってバッサリ斬り捨てる若年層対策に見える。

 主人公の柊一颯を演じる菅田将暉を筆頭に、永野芽郁、川栄李奈、上白石萌歌、今田美桜、福原遥、堀田真由、大原優乃、箭内夢菜、鈴木仁、片寄涼太、萩原利久、今井悠貴ら、すでに同年代のファンを持つ若手俳優を大量起用したことからも、若年層シフトは明らかだ。

 各話のストーリーとしては、「教師の柊と週替わりでフィーチャーされた生徒が1対1で向き合い、激しい言葉をぶつけ合う」というクライマックスを定番化させている。そのイメージは、1970年代の中村雅俊か、それとも80年代の武田鉄矢か。昭和の学園ドラマを思わせる熱量たっぷりのやり取りは、かなりクサイ。大人の年代にとっては「かつて見たようなシーン」だが、若年層には「今どきめったに見られないシーン」で新鮮味があるのかもしれない。

 ただ、序盤はインパクト十分だったそれらのシーンも、視聴者は刺激に慣れて飽き始めている。「1話が一番緊張感があってドキドキした」という出落ちであり、「また1対1の熱血ドラマが始まるのか」という単調さを感じさせているのだ。

 しかし、4話の最後で柊が倒れたのは、「ここから物語が大きく動きますよ」というメッセージだろう。ここまで各話ひとりずつ若手俳優をフィーチャーしてきたのは、映画や演劇では見られない連ドラならではの前振りであり、「本当の問題や核心は別のところにある」ことの示唆でもある。

緊張感を薄め、笑えない教師の寸劇


 だからこそ気になったのは、目立ちたがり屋の教師・武智大和(田辺誠一)を中心にした教師たちの脱力感に満ちた寸劇。同作最大の魅力であるシリアスで狂気に満ちたムードを分断するものであり、実際に緊張感は薄れている。

 これは低視聴率の作品に浴びせられる「重すぎてつらい」「暗い気持ちになるものは見たくない」という声を制作サイドが気にしたからではないか。ただ、シリアスなシーンからホッと一息つくように、クスッと笑わせられればいいのだが、現状では「笑えない」「寒い」という声が目立っている。

『話しかけなくていい! 会話術』

「話がうまい人」になる必要はない。無言でも、ひと言でも、人に好かれるための画期的コミュニケーション術!

amazon_associate_logo.jpg

『嵐の愛され力~幸せな人生をつかむ36のポイント~』

嵐に学ぶ人から好かれる、人を好きになれる人間力の磨き方。明日から使える36個の“○○力”。年齢・性別を問わずマスターできる。

amazon_associate_logo.jpg

『3年A組』の菅田将暉が『女王の教室』の天海祐希になれない理由のページです。ビジネスジャーナルは、連載、3年A組ドラマ天海祐希女王の教室日本テレビ菅田将暉の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事