NEW

サンドウィッチマンを擁する新興芸能プロ・グレープカンパニーの“バーターなし戦略”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今年2月から俳優の高橋英樹とその娘であるフリーアナウンサー・高橋真麻が所属することとなり、注目の的となっているのが芸能事務所・グレープカンパニーだ。サンドウィッチマンやカミナリ、永野といったお笑い芸人が所属する新興事務所ではあるものの、業界内では“優良事務所”との呼び声も高い。

 グレープカンパニーが誕生したのは2010年。当時サンドウィッチマンが所属していた「フラットファイヴ」のマネージャーが独立するかたちで設立、サンドウィッチマンほかフラットファイヴ所属のほとんどの芸人が移籍してきた。

「お笑い事務所といえば、よしもと(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)が最大勢力。次いでナベプロ(ワタナベエンターテインメント)、人力舎、太田プロ、松竹、マセキ(マセキ芸能社)、浅井企画あたりが続くといった状況です。そんななかでグレープカンパニーは歴史も浅く、サンドウィッチマンありきの事務所であることは間違いないですね」(芸能事務所関係者)

 そんなグレープカンパニーだが、小粒ながらも順調に人気芸人を輩出している。

「ピン芸人の永野がブレイクしたかと思えば、茨城弁漫才のカミナリもブレイク。最近では、独特なツッコミが人気となっている東京ホテイソンもグレープカンパニー所属です。また、賞レースでも結果を出していてM-1ファイナリストでもあるカミナリのほか、キングオブコントではわらふぢなるお、ゾフィーが、THE Wではあぁ〜しらきがそれぞれ決勝に進出しています。この規模の事務所にしては、なかなかの快挙だと思いますね」(前出・芸能事務所関係者)

サンドウィッチマンを擁する新興芸能プロ・グレープカンパニーの“バーターなし戦略”のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、, , , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事