NEW

【今さら聞けない】アルミ缶を集めるとどれぐらいのお金になるの?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

 普段、何気なく捨ててしまっている空き缶。しかし、アルミ缶は専門業者によって日々集められリサイクルされる大切な「資源」でもある。では、このアルミ缶にいったいどれぐらいの「価値」があるのだろうか? ここではそのカラクリを紹介しよう。

アルミ缶は1Kg単位で集めて買取り業者に持ち込む


(Image:mirtmirt / Shutterstock.com)

 アナタは年間何本くらいアルミ缶を捨てているだろうか? ビールをよく飲む人なら相当な数になるだろう。だが、そのアルミ缶にいったいいくらの価値があるのか知っている人は少ない。

 そもそも、アルミ缶は「資源ごみ」として専門業者によって日々集められ、リサイクルされている。「アルミ缶リサイクル協会」によると、2017年度に国内で消費されたアルミ缶は219億本で約33万5,573トンにもなる。そのリサイクル率はなんと92.5%。しかも、再び缶へとリサイクルされるものは67.3%にも及ぶのだとか。

 それでは、その買取り価格とシステムはどのようになっているのだろうか? 実はアルミ缶の買い取りは本数ではなく「Kg」単位。日々相場は変動しているそうで、2018年末の持ち込み価格は1Kgあたり約90円となっている。重量で言われるとピンとこないが、アルミ缶70本程度で約1Kgになるという。これは1秒間に12本のスピードで集めないと時給900円にならない計算である。

続きは【オトナライフ】で読む

【今さら聞けない】アルミ缶を集めるとどれぐらいのお金になるの?のページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、アルミ缶リサイクル資源ごみの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事