NEW

映画『メリー・ポピンズ・リターンズ』オネエ批評家が教える見どころとは!?

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今すぐ、どっかへ Doccaより】

 ヴァニラ・ノブが支配人を務める架空映画館「テアトル・オネェ」。新旧・内外・ジャンルも問わず、オススメの映画をレインボーな視点で取り上げ、ご紹介させていただきます◎

 今回は、2月1日(金)から公開されたディズニーの最新映画で、アノ名作の続編を描いた「メリー・ポピンズ リターンズ」!


◎「メリー・ポピンズ・リターンズ」のおすすめポイント

■ 「メリー・ポピンズ」54年ぶりの続編!前作のオマージュをしっかりしつつ、続編の新鮮さも◎
■ じつは、監督、出演者、作詞・作曲家までゲイが支えてるの!
■ ディズニークラシックファンには感涙モノのサプライズが!

◎やっぱり前作も気になるわよね?

 1965年に製作された前作「メリー・ポピンズ」は、P.L.トラヴァースの児童文学『風に乗ってきたメアリー・ポピンズ』を原作にしていて(この映画化にまつわる攻防戦はトム・ハンクス主演の映画「ウォルト・ディズニーの約束」に、エンタメとして描かれてるわよ!)、メリー・ポピンズを演じたジュリー・アンドリュースが、アカデミー賞主演女優賞など5部門を受賞したという、今も不変の名作。

 物語の舞台は、1910年のロンドン。銀行に勤めるバンクスは、婦人参政権運動に走り回っている妻・ウィニフレッド、そして、ジェーンとマイケルという2人の子どもと暮らしていた。

 バンクスが娘と息子のためにナニー(乳母)を探していたとき、ひょんなことから、風に乗ってバンクス家にひとりの女性が現れるの。彼女こそが、メリー・ポピンズ!

 ちょっと強引な展開だけど、とにかく乳母となった彼女は子どもたちにさまざまな不思議な出来事を体験させて、問題を抱えていたバンクス家にある奇跡を起こすって話が、「メリー・ポピンズ」のストーリー。

「チムチム・チェリー(Chim Chim Cher-ee)」、「2ペンスを鳩に(Feed the Birds (Tuppence a Bag))」、「お砂糖ひとさじで(A Spoonful of Sugar)」、「凧をあげよう(Let’s Go Fly a Kite)」などなど、メロディを聴けばその場面が浮かぶし、学校の授業でも習ったっていう人も多いんじゃないかしら? あと、忘れてならない「スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス(Supercalifragilisticexpialidocious)」という曲は、ドラァグクイーンのリップシンク(口パク)ショウとして、昔からの定番ネタになってるわ◎

 そんなメリー・ポピンズが続編として帰ってくるもんだから、アタシも興奮しまくりで観たわよ! しかも監督は、オープンリーゲイのロブ・マーシャル!

 彼は、ブロードウェイでミュージカル版の「蜘蛛女のキス」、「キャバレー」などの舞台で振付家として活躍し、さらに映画「シカゴ」でアカデミー賞作品賞など数々の賞を受賞した後も、「NINE」、「イントゥ・ザ・ウッズ」と、ミュージカルを得意としてる方(カルトムービーにもならなかった珍作「SAYURI」や、なぜか「パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉」もあるけど)。

 そんなロブ・マーシャルが多大に前作をリスペクトしながら作り上げた続編は、ミュージカル好きのアタシには充分な作品だったわぁ……。

続きは【Docca】で読む

映画『メリー・ポピンズ・リターンズ』オネエ批評家が教える見どころとは!?のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、ディズニーメリー・ポピンズ批評映画の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合