NEW

「#保育園落ちた」は2021年までに無くせるか 待機児童解消プランの推移

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

Thinkstock/Photo by maroke

 毎年1月下旬に入ると4月からの認可保育園入園を希望・申し込みを行った家庭に、利用調整結果、つまり「入園できるか・できないか」を記した通知が、各自治体から届けられる。Twitterでは今年も、「#保育園落ちた」という悲鳴が上がった。

 「保育園落ちた日本死ね」と書かれたブログが話題になり、国会でも取り上げられたのは2016年2月。もちろんそれ以前から待機児童問題は存在していたが、「保育園落ちた日本死ね」旋風によって、自分の子供が保育園に入れるか否かに神経を尖らせている親が大勢いるという現実は、多くの人の知るところになった。

 あれから3年が過ぎようとしている。この間、何も動きがなかったわけではなく、受け皿は確実に増えたといえる。また、保育士不足や保育士の低賃金にもスポットが当たるようにはなった。

 実は「保育園落ちた日本死ね」騒動が起きるより前の2013年から、厚生労働省は「待機児童解消加速化プラン」を打ち出していた。

「#保育園落ちた」は2021年までに無くせるか 待機児童解消プランの推移のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事