NEW
法社会学者・河合幹雄の「法“痴”国家ニッポン」

竹下通り暴走は稚拙な“テロもどき” 欧米式テロ対策導入議論の無意味さ

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
法社会学者・河合幹雄の「法“痴”国家ニッポン」

第8回 2019年1月、原宿・竹下通り暴走事件から考える、“日本伝統”の犯罪抑止システム

 こんにちは、法社会学者の河合幹雄といいます。

「外国人の流入により日本の治安は悪化している」
「少年犯罪は凶悪化している」
「高齢者の引き起こす交通事故が激増している」
「児童虐待で亡くなる子どもが増えている」

 犯罪に関して現在の日本には、こうした物言いがあふれています。しかし、基本的にはどれも誤りです。むしろ、事実とは真逆とさえいっていいものもあります。

 では、犯罪データやその他客観的資料を参照すればすぐに誤りだとわかるこれらの物言いが、巷間にあふれるのはなぜなのか? 単に誤りを正すだけではなく、なぜそうした誤りが流布してしまうのかを含めて考えることこそ、大切ではないのか?

 この連載「法“痴”国家ニッポン」では、「月刊サイゾー」(小社刊)、そして「wezzy」(小社運営)に執筆していた同連載を引き継ぐかたちで、このような疑問を常に念頭に置きながら、日々の事件やニュースに解説を加えていきたいと考えています。どうぞよろしくお願いいたします。

日本の「テロ対策の遅れ」は本当か?

 2019年の年明け直後の1月1日午前0時15分ごろ、東京・原宿で、軽乗用車が竹下通りを逆走して男性8人を次々にはねた事件。警視庁に殺人未遂容疑で逮捕された日下部和博容疑者(21)が「オウム真理教の死刑に対する報復としてテロを起こした。明治神宮には車両通行止めで入れなかった」などと話したことから、初詣の参拝客を狙った無差別テロではないかとして、元日早々列島を慄然とさせました。

 当然ながらメディアもこの事件を大々的に報道。1月8日放送の「NHKニュース7」が「竹下通り暴走 東京五輪・パラ前に車両使ったテロ防止策課題に」と大きく取り上げたのをはじめ、各メディアがわが国のテロ対策の遅れを批判し、危機感を煽っています。

 しかし私は、そこで取りざたされているようなテロ対策は、今回のような事件に対してあまり有効でないばかりか、むしろ的外れでさえあると思う。というのも、たとえば、繁華街などへの暴走車両の侵入を防ぐために可動式の車止めポールを設置するとか、鎮圧に当たる警察官の装備を増強するとかいったテロ対策は、欧米において“本物のテロ”の発生を未然に防げないがゆえに生み出された、いわば“次善策”だからです。

 後ほど解説しますが、従来わが国は、それらとはまったく別の社会的なシステムによって、世界最高水準の治安の高さを維持してきました。私は今回の事件から、むしろそうした日本の伝統的なテロ・犯罪抑止システムにこそ、改めて目を向けるべきではないかと思うのです。

竹下通りを暴走した軽自動車と、現場検証する警察官ら(写真:ロイター/アフロ)

竹下通り暴走は稚拙な“テロもどき” 欧米式テロ対策導入議論の無意味さのページです。ビジネスジャーナルは、連載、テロ原宿暴走河合幹雄治安の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事