NEW

国内線と国際線のチェックインは何時間前?空港をストレスなく利用するための4つのルール

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今すぐ、どっかへ Doccaより】

 今年のゴールデンウィークに待ち受ける10連休に向けて、海外旅行を計画しているという人も少ないくないはず。そんななか、「空の移動」に欠かせない空港を利用するにあたって、疑問や不安を抱えている方も多いのではないでしょうか?

 空港は複雑で分かりにくいうえ、手荷物検査場のルールや搭乗手続き、搭乗締め切り時刻など、頭に入れておかなければならないことがいっぱいです!

 英メディアの『デイリー・メール(Daily Mail)』紙によると、飛行機で旅行をしたイギリス人で10人のうち4人が、なんと「仕事や引っ越しよりも、空港でストレスを感じた」と話していることが分かったそう。

 空港には、思いがけないトラブルや長い待ち時間などに遭遇することがあり、旅の前から気疲れしてしまうことも多いと言われています。

 今回は、海外に行くことの多い旅好きのエディターが、そんな「空港ストレス」を軽くするトラベルハックをご紹介します◎

Q : 国内線と国際線、空港には何時間前に到着しておくべき?


 通常、国内線の飛行機は離陸の30分ほど前から搭乗を開始し、搭乗締め切り時刻を10分前としています。

 そのため、国内線を利用する際には、チェックイン(搭乗手続き)を行ったり、手荷物検査場に並ぶ時間を含め、ゆとりを持って2時間前には空港に到着しておくと良いでしょう。

 そして、国際線の飛行機はほとんどの場合、離陸の45分前から搭乗を開始し、10分前までには搭乗を締め切ることが多いです(格安航空のLCCなどは、これよりも早い設定になっていますので要注意!)。

 国際線を利用する際には、安心して搭乗手続きを行うためにも、2時間半~3時間前までに空港に到着しておくことをオススメします。

続きは【Docca】で読む

国内線と国際線のチェックインは何時間前?空港をストレスなく利用するための4つのルールのページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、, , , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事