NEW

“池袋東口暴走事件”確定判決から考える「てんかん」という病気の本当の姿

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
事件現場となった池袋駅周辺の様子(写真:「Getty Images」)

 2018年11月13日、ある“交通犯罪”の判決が確定した。2015年8月に起きた“池袋東口暴走事件”。この事件において、自動車運転処罰法における危険運転致死傷罪を犯した容疑で逮捕、その後起訴された53歳(当時)の男性医師に対する刑事裁判の上告審判決が下り、最高裁は上告を棄却、懲役5年の実刑判決が確定したのだ。

 この事件でポイントとなったのは、脳に関する神経疾患のひとつである「てんかん」。男性医師にはてんかんの持病があり、事件当日の夕方分の薬を飲み忘れていたという。そのためか、事件直前にてんかんの発作が起き、男性医師の運転するベンツは暴走、結果として1人が死亡し4人が重軽傷を負う大惨事となったのである。

 これを受けてネット上などでは、「そもそもてんかん患者が免許を取れること自体がおかしい」といった過激な意見も出た。しかし、てんかん患者が一定の条件のもとで運転免許を取得できることになったのは2002年と比較的新しく、「適切な治療、投薬を続ければ発作を抑えることも可能であり、一律に免許取得を禁止するのは重大な人権侵害である」といった指摘もある。

 なじみの薄い者にとっては、「突然倒れてけいれんを起こす怖い病気でしょう?」といった一面的な認識だけが独り歩きしている感もある、この「てんかん」という病気。

 いったい、てんかんとはどのような病気で、その原因はどこまで解明されており、その治療法にはどのようなものがあるのか。精神科医で、精神科専門病院である昭和大学附属烏山病院の院長でもある岩波明氏が、その特徴や、てんかんをテーマにした文学作品を挙げながら解説を加える。

---------------

 てんかんは古くから知られている疾患であるとともに、出現頻度の高い病気です。てんかんの有病率は0.5~1%程度であると考えられており、男女差はありません。つまり男女問わず100~200人にひとりはこの疾患を有するわけで、頻度の高い疾患であるといえますが、一方でてんかんに関して一般の方の理解度は高いとはいい難いでしょう。

 てんかんはかつて精神医学の分野においては、統合失調症、躁うつ病と並んで三大精神病のひとつとされていました。特に成人のてんかんについては精神科医が診療することが多かったのですが、現在では脳外科か神経内科が担当することのほうが増えています。

 てんかんは、脳の神経細胞の過剰な興奮により、さまざまな発作(てんかん発作)が反復して起こる慢性疾患であると定義されています。発病年齢として多いのは、小児期から思春期です。より詳しくいえば、生後1年未満の発症が特に多く、ほとんどが思春期までに発症します。脳の発達は乳幼児期がもっとも速く、3歳くらいまでに成人の8割程度まで完成するとされています。てんかんの発症は、この脳の発達速度に関連すると考えられているのです。

 10歳を超えるとてんかんの発症はまれになりますが、老年期になると脳血管障害、脳腫瘍、頭部外傷、脳変性疾患などが原因となり、再びてんかんは増加します。30代以降に初発したてんかんを「遅発性てんかん」と呼ぶことがありますが、この遅発性てんかんにおいては、脳の器質性疾患が原因のことが多いとされています。

 てんかんは、第一に病因により分類されます。これによって、原因不明で体質が関連する「特発性てんかん(原発てんかん、真性てんかん)」と、脳の器質性または代謝性の原因に基づく「症候性てんかん(続発性てんかん、二次性てんかん)」とに大別されます。

 さらに別の分類法もあります。発作型による、「部分てんかん」と「全般てんかん」です。部分てんかんとは、脳の過剰な興奮が大脳の一側半球の一部の部位から始まり、それが拡がっていくものです。一方で、脳深部の過剰な興奮が脳全体に一挙に拡がっていくものが全般てんかんです。

“池袋東口暴走事件”確定判決から考える「てんかん」という病気の本当の姿のページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、てんかん精神科. 岩波明の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事