NEW

NGT48山口真帆の「告発」と「真相」の明らかな矛盾を第三者委員会は公表できるのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

ソニーミュージックNGT48オフィシャルwebページより

 NGT48の山口真帆が暴行被害に遭ったことが発覚してから、はや1カ月。NGT48は一部正規メンバーによる公演活動を再開させ、3月に発売するAKB48の55thシングルへの参加も発表された。グループは通常運転に戻りつつある。

 だがこの事件は謎に包まれたままだ。AKSは第三者委員会を発足し調査を開始したが、明らかにすべきことは山ほどある。すべての発端となった山口真帆のツイッターには、犯行の瞬間が、次のように克明に記されていた(現在は削除済み)。

 <その日も廊下に誰もいないことを確認して部屋に入りすぐドアを閉めようとしたら手が出てきました。そこからこじ開けられました。それから顔を捕まれ押し倒されそうになりました。必死に追い出そうとしました。巻けたら殺されると思ったから絶対に負けちゃいけないと思い、もう少しでその男を追い出せそうでした。そしたら、地会う男が向かいの部屋から出てきました。その部屋は違うメンバーが住んでた部屋でした。男は最初の男と代わって私の顔を掴み、同じように押し倒そうとしてきました。助けてと叫ぼうとしたけど、怖くて声が出ませんでした。叫ぼうとして1分くらいしてやっと声が出ました。「たすけてたすけて」と叫びました>

NGT48山口真帆の「告発」と「真相」の明らかな矛盾を第三者委員会は公表できるのかのページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事