NEW

ラクに脳の認知機能が向上…35分×週3日の歩行+“DASH食”で効果との研究報告

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Getty Images」より

 一年でいちばん冷え込みが厳しいこの季節、あなたの歩数計アプリの1日平均は何歩を刻んでいるだろうか。実は、健康増進を図る日常生活における歩数の目安がある。

「健康日本21(第二次)」分析評価事業によれば、2010年時点の平均は、20~64歳の男性が7841歩、女性が6883歩で、今から3年後の2022年の目標値として男性9000歩、女性8500歩と設定している。

 これに習い、仮に「自分はあと1000歩伸ばせば合格」ならば、距離にして1日およそ600~700メートル、時間にして約10分程度、歩く機会を増やせば理想的な健康生活を達成できる計算となる。

 実際、この「わずか10分」は数多くの健康記事で目にするものだ。「ウォーキングやヨガなどの10分間運動で記憶力や認知能力がアップ」、もう5分足して「1日15分のウォーキングで寿命が3年延長!」など、医学誌に掲載された知見は枚挙にいとまがない。

ウォーキングなどで「脳の若返り」に期待

 今回紹介する運動効果の新知見も、米デューク大学医学部教授のジェームス・ブルーメンソル氏らが臨床神経学分野における公式学会誌「Neurology」オンライン版に寄稿し、18年12月19日付で掲載されたものだ。この論文によれば、記憶力や思考力に衰えを感じたら、ウォーキングなどの「適度な運動」を半年間ほど継続することで「脳の若返り」が期待できる可能性が高いことが判明した。

 ブルーメンソル氏らの研究班は、事前の客観的な検査で記憶力や思考力の低下が認められた55歳以上の男女160人(平均65歳)を対象に実験を行った。彼らは、アルツハイマー病などの認知症こそ見られないものの、検査判定による「実行機能」は、いずれも90代前半に相当していた。

 研究に際しては、そんな160名の被験者たち(=いずれも高血圧などの心血管リスク因子を有する)を、次の4グループに分け、半年後の効果を探った。

ラクに脳の認知機能が向上…35分×週3日の歩行+“DASH食”で効果との研究報告のページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、DASH食ウォーキングジョギング有酸素運動認知症の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事