NEW

PayPay100億円還元第2弾、ショボすぎ&制約だらけで不満噴出…ここに要注意!

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PayPayの中山一郎社長(写真:YUTAKA/アフロ)

 2018年12月に実施されて悲喜こもごもの大反響を呼んだ、電子決済サービス「PayPay」による「100億円あげちゃうキャンペーン」。2月12日から(5月31日まで)第2弾となる「100億円キャンペーン」がスタートし、再び大きな注目を集めている。

 第1弾では、PayPay決済の利用額20%という高還元率が大きな注目を浴びることに。さらに、40回に1回の確率で全額還元になる特典も用意されたことで、家電量販店で高額商品の購入が相次ぐなど消費者の購買意欲を高めた。

 気前のいいサービスが大反響を呼ぶ一方で、トラブルが相次いだのも事実。初日にはシステム障害が発生し、二重決済などの問題が生じたことも話題になった。また、キャンペーン期間は19年3月末までのはずが、わずか10日間で終了となり、その告知が当日22時頃になったこともユーザーの不満を買った。さらに、クレジットカードが勝手に登録されてPayPayで不正利用される被害が相次ぎ、セキュリティシステムの脆弱性を指摘する声が続出。その上、全額還元を狙って高額商品を購入し、その後転売する事例なども報告されていた。

 第1弾では、20%還元の上限は月額5万円、さらに一定の確率で10万円までの全額還元を受けることができた。しかし、今回は還元率こそ同じ20%だが、「1回の支払いにおける付与上限」は「最大1000円相当」、「キャンペーン期間中の付与合計上限」は「5万円相当」と設定されており、トーンダウンした感は否めない。

 また、前回は支払い方法にかかわらず決済額の20%が還元されたが、今回は支払い方法によってポイント付与率が変動。20%還元を受けるには、PayPay残高かYahoo!マネーでの決済に限られる。Yahoo!JAPANカードで19%、そのほかのクレジットカードでは10%の還元率となるため、注意が必要だ。

 一方、抽選で全額が還元されるサービスの「やたら当たるくじ」では当選確率が「40回に1回」から「10回に1回」にアップしている。Yahoo!プレミアム会員の場合は「20回に1回」から「5回に1回」と、かなりの高確率だ。ただ、1回当たりの上限は1000円まで。また、対象となる決済はPayPay残高、Yahoo!マネー、Yahoo!JAPANカードのみ。Yahoo!JAPANカード以外のクレカはNGだ。そのため、第2弾でもっともお得なケースは「Yahoo!プレミアム会員で5000円未満の買い物をしてくじに当たること」とされている。

 これらの設定を見る限り、高額商品の購入を喚起するかのような前回と比べて、今回はコンビニエンスストアなどでの小額決済が想定されているものと思われる。しかしながら、1000円の還元を得るには1回で5000円以上の買い物をする必要があり、限度額の5万円に達するには、それを50回繰り返さなければならないことになる。そのため、インターネット上では「ケチくさすぎる」「お得感が薄れてショボくなったな」「明らかに尻すぼみ。サービスが劣化するってどういうこと?」「1回当たり1000円までって、前回の最高10万円と比べたら100分の1なんですけど?」などの声があがっている。

PayPay100億円還元第2弾、ショボすぎ&制約だらけで不満噴出…ここに要注意!のページです。ビジネスジャーナルは、マネー、, , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • マネー
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事