NEW

“スーツ離れ”で赤字転落なのに、郊外型店舗は存続…なぜ紳士服チェーンは潰れないのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

(左)紳士服のAOKI/(右)洋服の青山(画像はWikipediaより)

 “スーツ離れ”の加速により、青山商事、AOKIホールディングス(以下AOKI)、コナカといった紳士服チェーン大手が、相次いで赤字に転落している。

 昨年11月に各社が発表した2018年4~9月期連結決算(コナカのみ2018年9月期)によれば、各社の純損失は青山商事が1億2300万円、AOKIが10億5600万円、コナカが4億9300万円だった。

 昨年は悪天候や自然災害が国民の消費意欲に影響を及ぼしたという見方もできるが、スーツ需要の低下は、今に始まった話ではないだろう。

 12年前にはスーツの主な購買層である団塊世代が一気に定年退職する“2007年問題”が起こった。小島ファッションマーケティング社がまとめた資料を見ても、紳士服チェーンの売り上げのピークは1994年(6570億円)と、すっかり昔の話だ。2001年に5000億円を下回って以降、売り上げは劇的に回復することもなく、ここ数年は4000億円台前半で低空飛行を続けている。

 ただ、店舗に足を運んでみればわかることだが、どこの紳士服チェーンも客や販売員の姿はまばらなのに、不思議と閉店には至っていない。各社の赤字は実際、どれくらい深刻な問題なのか。マーケティング戦略コンサルタントの永井孝尚氏に話を伺った。

“スーツ離れ”で赤字転落なのに、郊外型店舗は存続…なぜ紳士服チェーンは潰れないのかのページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事