NEW
渡辺陽一郎「いちばん詳しい『人気の新車』完全ガイドシリーズ」

ダイハツ「タント」は「N-BOX」「スペーシア」と比べ“買い”なのか?全ポイントを評価

文=渡辺陽一郎/カーライフ・ジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, , , , ,


(5)乗り心地と内装の質感などの快適性

★★★☆☆

 ファミリー向けの軽自動車なので、乗り心地に不満はないです。内装の形状は平凡ですが、質感は満足できます。

(6)燃費性能とエコカー減税

★★★★☆

 車両重量は900kgを超えますが、ノーマルエンジン車のJC08モード燃費は28km/Lと優れています。

(7)安全装備の充実度

★★★★☆

 2個のカメラをセンサーに使うスマートアシストIIIは、歩行者も検知して緊急自動ブレーキを作動させます。

(8)価格の割安感

★★★★☆

 N-BOXなどライバルとの競争が激しく、標準ボディは140~150万円に買い得なX SAIIIを設定しました。

選ぶときに確かめたい3つのメリット

・左側のドアを前後ともに開くと、開口幅がワイドで乗降性も優れています。

・後席をコンパクトに畳むと大容量の荷室になり、自転車も簡単に積めます。

・助手席の背もたれを倒すと背面がテーブルになり、収納設備も豊富です。

後悔しないための3つの要チェックポイント

・後席にチャイルドシートを付けるなら問題ないですが、座り心地は良くないです。

・ノーマルエンジンは動力性能が不足して操舵感も鈍く、走りの水準は低いです。

・19年中にフルモデルチェンジされるので、購入して早々に旧型になります。

こんなユーザーにおすすめ

 車内が広いので4名乗車も可能ですが、後席の座り心地と着座姿勢が悪いため、大人4名で乗車するなら居住性を確認しましょう。ただし、後席にチャイルドシートを装着して子どもを座らせるなら問題ないです。後席を前側へスライドさせると、運転席に座る親との間隔が縮まり、信号待ちのときなどに子どものケアをしやすいです。この状態なら、最後部の荷室が広がりベビーカーや子ども用の自転車も積めます。助手席の背面がテーブルになり、車内で軽食を摂るときにも便利なので、やはり子育て世代にピッタリです。

今後のモデルチェンジ予想

 先の項目でも触れたように、19年の中盤にはフルモデルチェンジを受けます。プラットフォームが刷新されて走行安定性と乗り心地が高まり、ボディが軽くなって動力性能や燃費にも良い影響を与えます。後席の座り心地も改善されるでしょう。安全装備や運転支援の機能も進化させます。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ