NEW

『私のおじさん』生意気な新人社員が徐々に会社の“厚み”を知り到達した「働く意味」

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
金曜ナイトドラマ『私のおじさん~WATAOJI~』|テレビ朝日」より

 テレビ朝日系の連続テレビドラマ私のおじさん~WATAOJI~』第5話が今夜(2月15日)放送される。

 同ドラマは、岡田結実演じる主人公の一ノ瀬ひかりが、婚約者にフラれたことを機に焦って入社したバラエティ制作会社で新人ADとして働きながら成長していく物語。ひかりのそばには、彼女にしか見えない妖精おじさん(遠藤憲一)がいるという、ちょっと変わったお仕事ドラマ。前週第4話では、ひかりが配属された番組『限界MAX★あなたも私もヤッテミー!!』のプロデューサー・泉雅也(田辺誠一)の“本音”が描かれた。

『ヤッテミー!!』の視聴率が低迷しているため、ディレクターの千葉迅(城田優)は“サバンナで一週間全裸サバイバル”という攻めた企画を提案。しかし、泉はコンプライアンスや予算を理由に却下する。その上、上層部の意向を汲んだ代案しか出さない泉に千葉はブチ切れてしまった。

 ひかりはというと、わけもわからずに千葉にキスされた日のことで頭がいっぱいだったが、番組のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の管理を任されて浮かれる。だが、企画段階の会議内容を投稿してしまい、ネットの炎上を招くと、今度は「クビになるかもしれない」ということで頭がいっぱいに……。

 結局、ひかりがクビになることはなかったのだが、『ヤッテミー!!』の企画は定まらないまま、上層部の無茶ぶりを受け入れようとする泉にスタッフたちは疲弊していく。そんななか、ひかりは泉に向かって「番組愛とかプライドってないんですか?」と食ってかかるのだった。

 このシーン、もう社会人として“新人”の立場ではない私からすると「何言ってんだ、この小娘が~!」とムカついて仕方がなかったのだが、ドラマ内では泉は笑顔で受け流していたし、のちにアシスタントプロデューサー・馬場桃花(青木さやか)がひかりを連れ出して「(SNSの件で)頭を下げたのは泉さんだよ?」「(泉は)みんなを守るために、自分のプライド捨ててんじゃん」と諭していた。なんて良い職場なのだろう。

 ドラマの公式サイトには、ひかりがもともとは「職場で言いたいことも言えない」というキャラクターだと書かれていて、トップページには「会社で我慢やめました」とあるところを見ると、彼女が“言いたいことを言えるようになる”のも成長のひとつなのだろう。それでも、社会人経験の浅いひかりは、まだまだ“的外れ”な“思い込み”で発言することが多く、視聴者としてはイライラさせられてばかりなのだが、発言してこそ恥をかき、間違いに気づき、さらなる成長を遂げられるのだろう。

 ところで、公式サイトでは早くも第6話にベッキーがゲスト出演することが告知されている。ベッキーは2016年1月にゲスの極み乙女。のボーカル・川谷絵音との不倫騒動で批判を浴びたが、今月13日に読売ジャイアンツの片岡治大2軍内野守備走塁コーチとの結婚を発表し、話題になっている。ベッキーが不倫騒動後に地上波のドラマに出演するのは今作が初となるが、結婚にも至り、不倫の禊はすんだということなのだろうか。

 ベッキー出演の第6話につながる今夜の放送にも注目したい。
(文=美神サチコ/コラムニスト)

『私のおじさん』生意気な新人社員が徐々に会社の“厚み”を知り到達した「働く意味」のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、テレビ朝日ドラマ岡田結実私のおじさんの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事