NEW

ジャニーズ・嵐の衝撃的ロス極秘旅行、実はジュリー副社長の“傷心旅行”だった?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「gettyimages」より

 1月27日に突然「活動休止」を発表して以降、その理由やメンバーの結婚事情についてさまざまな憶測が飛び交っている人気アイドルグループの。そんななか、2月14日発売の「週刊文春」(文芸春秋)と「女性セブン」(小学館)が、私服姿の嵐メンバー全員がジャニーズ事務所副社長の藤島ジュリー景子氏に連れられて米ロサンゼルスへ極秘旅行する模様を報じ、話題となっている。

「ジャニーズ内部でしか知られていない恒例の非公式な研修旅行ということですが、今回の活動休止を労う慰安旅行も兼ねていたとみられています。報道によれば5泊7日の日程で、飛行機はファーストクラスを貸切にするという超豪華旅行だといい、ほとんどのマスコミはノーマークでした」(スポーツ紙記者)

 活動休止発表直後ということもあり、日々マスコミに取り上げられる嵐にとっては“逃避行”の意味合いもあったのかもしれないが、意外にも嵐以上に日本から逃げたかった人物がいたという。

「ほかでもない、ジュリーさんですよ。ジュリーさんといえば、嵐を手塩にかけてジャニーズグループのトップに育て上げた功労者であり、その手腕は誰もが認めるところです。しかし、数年前のSMAP解散騒動の際には、次期社長をめぐるライバルとも目された元SMAPマネージャーの飯島三智さんを結果として事務所から追い出した格好となり、実の母であるメリー喜多川副社長の権力をバックに事務所の後継者となったという捉え方を世間ではされ、SMAPファンのみならずジャニーズファンからは“敵役”として評判があまり良くない。そのときのバッシングがジュリーさんには相当堪えたようで、今回の“嵐ショック”でも、できるだけ表には出たくなかったといいます」(芸能事務所関係者)

 SMAP解散後も、昨年は元TOKIOの山口達也の未成年女子わいせつ事件や、NEWSの小山慶一郎と手越祐也、加藤シゲアキの未成年飲酒事件など、所属タレントのスキャンダル対応に追われたジュリー氏。今回の旅行には、そんな“厄”を落とす意味合いもあったのだろうか。

「仕事面での疲れを癒すという面もないことはないかもしれませんが、どうやら最近、ジュリーさんにはプライベート面で一大決心することがあったそうです。あまり詳しくは言えないのですが、あまり口外しづらい身辺の整理があったといわれています。嵐の活動休止も、大野の気持ちの変化や他メンバーの結婚問題などプライベートな側面がからんでいるといわれていますが、“育ての親”にも公私両面でいろいろと心労がたまることがあるのかもしれませんね」(ジャニーズ事務所関係者)

 ロス旅行が、嵐とジュリー氏にとって良い気分転換になったことを願いたい。
(文=編集部)

ジャニーズ・嵐の衝撃的ロス極秘旅行、実はジュリー副社長の“傷心旅行”だった?のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、ジャニーズ藤島ジュリー景子の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事