伊達軍曹「『今月の販売台数No.1』に見るニッポンの今」

日産「ノート」が誇大広告すれすれ&内装が昔のゴミ袋みたいでも今、日本で一番売れている理由

日産「ノート」

 人の内面など、赤の他人からは正確にわかるはずもない。だが、もしもその者の居宅を仔細に観察する機会を得たならば、その者の心象風景のようなものがある程度は透けて見えてくるものだ。

 その意味で日産自動車「ノート」という、日本で今いちばん売れているクルマのエクステリアおよびインテリアは、「ごく平均的な現代日本人の心象風景」を、ある程度映し出している可能性が高い。

 なにせ、とにかく売れている。

 日本自動車販売協会連合会(自販連)が毎月発表している「乗用車ブランド通称名別順位」によれば、2019年1月も登録車の販売台数総合1位は、このクルマだった。「2019年も」と書いたのは、2018年の通年総合1位も同様に日産ノートだったからだ。

 このクルマの何がそこまで一般大衆を引きつけているのかといえば、「e-POWER」の名称で知られる、効率的な電動パワーユニットである。

 EV(電気自動車)というのは、文字どおり電気モーターのみで走行するクルマのことを指し、一般的なハイブリッド車は、ガソリンエンジンとモーターを上手に併用しながら走行する。

 それに対してe-POWERは、エンジンは搭載されるものの、それは発電専用であって、駆動には用いられない。そしてエンジンが発電した電力でもってモーターを動かし、そのモーターパワーのみで走るという寸法だ。

 それゆえ、e-POWER搭載車はEV同様の「力強い加速とレスポンス」という美点を有しながらも、ピュアEVと違って「電欠」の恐れがない。

 そういった特長に対して、日産が「電気自動車のまったく新しいカタチ。」という誇大広告すれすれのコピーを用意し、約180万円~という戦略的な価格で売り出したものだから、「ノートe-POWER」は一気に売れた。「誇大広告すれすれ」と表現したのは、e-POWERはシリーズハイブリッドと呼ばれるべきもので、電気自動車と称するのは若干微妙だからだ。

 確かに、ノートe-POWERの電動パワートレインは魅力的であるため、筆者も売れてしかるべきクルマだとは思う。

編集部のイチオシニュース
Pick Up News

人気記事ランキング

連載

ビジネス

総合

SNS