NEW

【今さら聞けない】異様に長いURLを短くして相手に送りたい!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

 相手にウェブページを知らせるとき、URLをそのままコピーすると異様に長いURLになっていることがある。これは情報を付加するパラメーターなどが付いているために起こる現象だ。これを避けるにはChromeアプリを利用しよう。

URLをそのままコピー&ペーストすると正しくリンクが貼れないことも


(Image:BigTunaOnline / Shutterstock.com)

 ウェブページのURLを共有したいと思ったとき、アドレスバーからコピー&ペーストするのが一般的な方法だ。しかし、このやり方では、URLの末尾に余分なパラメーターがついてきてしまい、異様に長くなっていることがある。URLが長いと行の折り返しが発生し、そのままメールやSMSに送ると正しくリンクが貼れていないこともある。また、パラメーターには、参照元のサイト名や検索キーワードなどの情報が含まれていることがあり、セキュリティ的にも好ましくない。特にAmazonなどのショッピングサイトでは、異様に長いURLになることが多い。このようなページを共有することが多い人は特に注意したい。

続きは【オトナライフ】で読む

【今さら聞けない】異様に長いURLを短くして相手に送りたい!のページです。ビジネスジャーナルは、IT、URLアプリウェブの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事