NEW
森口将之「モビリティ新時代の羅針盤」

トヨタ「センチュリー」が“日本人ウケ”する理由…超高級車に隠されたデザインの秘密

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ところが最近、センチュリーのカスタムが現れた。しかも、仕立てたのはメーカーのトヨタ自身だった。トヨタが昨年立ち上げたスポーツカーブランド「GR」(ガズー・レーシング)の頂点に位置する車両として、純白のボディに黒いグリル、赤いピンストライプを組み合わせた「センチュリーGRMN」(MNはマイスター・オブ・ニュルブルクリンクの略)を製作したのである。

 豊田章男社長をはじめとする重役専用車というこのセンチュリー GRMNは、正月の箱根駅伝では大会本部車に起用され話題になった。直後に開催されたカスタムカーの祭典、東京オートサロンでは黒いボディが展示された。

 現状ではこの2台だけだというセンチュリーGRMNもまた、逆にセンスの良いカスタムであると賞賛する声が多い。しかも、ノーマルのセンチュリーともども、欧米の高級車とは明らかに違う日本独自のたたずまいを持っていると感じる。

 こうなると、新天皇の祝賀パレードに起用予定というセンチュリーにも期待が持てる。欧米の高級オープンカーとは異なる日本独自の華やかさで、我々を魅了してくれることだろう。
(文=森口将之/モビリティジャーナリスト)

トヨタ「センチュリー」が“日本人ウケ”する理由…超高級車に隠されたデザインの秘密のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事