NEW

小川彩佳&宇垣美里も参戦で激戦のフリーアナ、早くも消えた“あの有名アナ”3人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
小川彩佳オフィシャルブログ Powered by Ameba」より

“カトパン”こと元フジテレビで現在はフリーの加藤綾子アナが、4月から始まるフジの新報道番組のメインキャスターに起用されることが一部で報じられた。フジは夕方の報道番組を一新し、現在の『プライムニュース イブニング』からプライムブランドを外すという。裏では『news every.』(日本テレビ系)や『スーパーJチャンネル』(テレビ朝日系)などが放送されており、苦戦を強いられているため、テコ入れ策のひとつとして加藤アナを“復活”させると考えられている。

 また、TBSの宇垣美里アナは3月末で退社し、4月からはフリーとして活動することが発表された。TBS出身のフリーアナといえば、先輩の田中みな実アナもバラエティ番組などで活躍中だ。さらに、テレビ朝日の小川彩佳アナも結婚を機に3月で退社。約7年半にわたって『報道ステーション』を担当した人気アナがフリーとなるだけに、各局で争奪戦が予想されている。

 しかし、彼女たちのように華やかなスポットライトを浴びるフリーアナは、ほんの一握りだ。宇垣アナや小川アナも参戦することで、今後のフリー女子アナ市場はこれまでにない大激戦区になるとみられている。目立つ存在の陰で、姿を消しつつある人がいるのも事実だ。

 まずは、昨年に大手芸能事務所のアミューズと契約した、あの女子アナだ。

「さまぁ~ず・大竹一樹の妻の中村仁美です。2017年7月にフジを退社後、昨年からフリーアナとして活動しています。『踊る!さんま御殿!!』『行列のできる法律相談所』『メレンゲの気持ち』(いずれも日本テレビ系)など、注目される人物が必ず通る番組はほぼ一周しましたが、結局、大竹へのグチしか武器がないことがわかり、活動が広がっているとはいい難い状況です。芸人夫とアナウンサー妻の成功例といえば、おばたのお兄さんとフジの山崎夕貴アナがありますが、大竹は彼らのようにプライベートをさらしたくない性分なので、中村の暴露も意外と小ネタが多く、完全に“恐い妻”と呼べるほど振り切ってはいません」(テレビ局関係者)

 続いては、旬を過ぎてからフリーに転身し、好機を逸した女子アナだ。

「大橋未歩は、テレビ東京時代から『アナウンサーにはあまり見ない美ボディ』と噂され人気を博していましたが、その頃は特にアクションを起こさず、評判も聞かれなくなった頃にいきなり退社。昨年2月から、元TBSの雨宮塔子が所属するプントリネアに在籍していますが、民放のレギュラーは深夜番組の『有田哲平の夢なら醒めないで』(TBS系)の1本のみ。フリー転身後の田中みな実が『an・an』(マガジンハウス)誌上で肘ブラヌードを披露していましたが、そういった思い切りの良さもなく、かつての人気のお釣りで活動しているようなものでしょう」(同)

 もうひとり、旬を過ぎてからフリー転向をしてしまった男性アナがいる。愛称は「アンディ」だ。

「元TBSの安東弘樹です。局アナ時代は『アッコにおまかせ!』に16年間出演し和田アキ子の横で進行アナを務め、『王様のブランチ』や『はなまるマーケット』といった看板番組でも活躍しました。後輩の安住紳一郎の人気が定着する前は、彼がTBSの男性アナの顔だったといってもいいでしょう。昨年3月、27年所属したTBSを離れ、フリーの道を選択。その直後は『アウト×デラックス』(フジテレビ系)や『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)などのバラエティにも露出しましたが、爪痕は残りませんでした」(同)

小川彩佳&宇垣美里も参戦で激戦のフリーアナ、早くも消えた“あの有名アナ”3人のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、アナウンサー中村仁美大橋未歩宇垣美里安東弘樹小川彩佳の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合