NEW
永田町の「謎」 現役議員秘書がぶっちゃける国会ウラ情報

杉田水脈議員、国会で野党議員の傍聴を妨害か…永田町で問題視する声も

文=神澤志万/国会議員秘書
【この記事のキーワード】

, , ,


 二階派といえば、週刊誌ネタのレギュラーとなった片山さつき大臣や失言連発の桜田義孝大臣など“お騒がせ議員”が多数所属していることで有名ですが、さらに田畑毅衆議院議員が20代の女性から準強制性交容疑で刑事告訴された問題も浮上しています。田畑議員は2月21日に正式に離党届を出していますが、今後の捜査によっては議員辞職も免れないでしょう。

 そうなると、岸田派の吉川赳元議員が繰り上がり当選することになりますが、吉川元議員は二階派への移籍で問題になった細野豪志衆議院議員と同じ選挙区です。そのため、次の総選挙で細野議員が公認を得るためのハードルはとても高くなります。自民党内の派閥抗争もおもしろくなってきました。

 プロレスのファイトはエンターテインメントですが、永田町のファイトはときには命が失われるほど陰湿です。些細なものから恐ろしいものまで、永田町では今日も至るところでバチバチと火の粉が上がっています。
(文=神澤志万/国会議員秘書)

『国会女子の忖度日記:議員秘書は、今日もイバラの道をゆく』 あの自民党女性議員の「このハゲーーッ!!」どころじゃない。ブラック企業も驚く労働環境にいる国会議員秘書の叫びを聞いて下さい。議員の傲慢、セクハラ、後援者の仰天陳情、議員のスキャンダル潰し、命懸けの選挙の裏、お局秘書のイジメ……知られざる仕事内容から苦境の数々まで20年以上永田町で働く現役女性政策秘書が書きました。人間関係の厳戒地帯で生き抜いてきた処世術は一般にも使えるはず。全編4コマまんが付き、辛さがよくわかります。 amazon_associate_logo.jpg
プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ