NEW

男性医師わいせつ無罪で被害者バッシング 問うべきは科捜研および検察の杜撰さ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

「Getty Images」より

 男性医師が手術直後の女性患者にわいせつな行為を行ったとして、準強制わいせつ罪に問われていた事件で、東京地裁は今月20日、男性医師に無罪判決を言い渡した。

 一貫して無罪を主張していた男性医師は、判決後の記者会見で「ほっとしている」と現在の心境を明かしたが、「100日以上拘束されて、社会的信用や職を失った」とも語った。警察の捜査に非科学的な手法があったこと、警察からの一方的な情報で事件が報じられ、インターネット上には悪意ある書き込みがなされ、自分も周囲の人間も大きく傷ついたという。

 男性医師は2016年5月10日、自身が勤務する東京都足立区の病院において、右乳腺腫瘍の摘出手術を受けた直後の女性患者(以下、Aさん)に対して、胸を舐めるなどのわいせつな行為をした、として起訴されていた。全身麻酔から覚醒途中にあり、意識はあるが身動きが取れず抵抗もできなかったというAさんは、被害から数十分後、会社の上司にLINEで連絡。上司の通報により警察が駆け付け、Aさんの左胸付近から微物を採取。捜査を経て、男性医師が逮捕されたのは同年8月25日だった。

男性医師わいせつ無罪で被害者バッシング 問うべきは科捜研および検察の杜撰さのページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事