NEW

松本人志、準強制性交の被害者女性に「どういうつもりだったのか」と疑問示し批判続出

文=編集部
【この記事のキーワード】, ,

松本さんの考えは、彼個人の恋愛経験上のケースのことであり、現代における男女間の性行為に関する考え方には則していません。今は夫婦間でも強制性交が成立するくらい、お互いへの尊重のない性行為は問題となり、離婚へとつながることも多いです。男性側に女性を大切にしようという気持ちが見受けられず、性のはけ口や単なる遊び感覚で性行為におよぶと、女性からの不信・不満に発展します。

 今回の田畑議員のケースでは、当初は女性側も田畑議員に対して好意を抱いて交際に発展したものの、交際中に田畑議員の不審な行動に疑問を持つことがたびたびあったと報じられていますが、愛があるなら数々の不誠実な態度を直してくれるのではないかという期待感を、イブの出来事で一気に裏切られたという気づきから、怒りが爆発したのかもしれません。

 こういうトラブルの当事者とならないためには、自分を高めてくれる、自分を高めたくなる相手を探し、お互い感謝をもって大切に扱うことが重要です。そして何より、相手から言葉で発せられる『ここが嫌』『許せない』というシグナルに早く気づくことです」

(文=編集部)

●Business Journal

企業・業界・経済・IT・社会・政治・マネー・ヘルスライフ・キャリア・エンタメなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト

Twitter: @biz_journal

Facebook: @biz.journal.cyzo

ニュースサイト「Business Journal」

情報提供はこちら