NEW

『はじこい』が「最もハマっているドラマ」1位に!放送中のネット上・実況合戦がブームに

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 深田恭子が主演を務める連続テレビドラマ初めて恋をした日に読む話』(TBS系)が2月26日に第7話を迎え、平均視聴率は7.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だった。前週第6話の8.6%から0.8ポイントダウンし、7%台転落はこれで3度目。同日放送の『後妻業』(フジテレビ系)第6話も5.7%と3週連続で5%台を記録してしまったが、2ケタ到達の道のりが険しいのはどちらも同じである。

『はじこい』は、三流予備校の講師としてハリのない日々を送っていた主人公・春見順子(深田)が、不良高校生・由利匡平(横浜流星)の東京大学受験を通し、自分の人生とも再び向き合っていく物語。同時に、いとこの八雲雅志(永山絢斗)や、順子&雅志の同級生で匡平が通う高校の担任・山下一真(中村倫也)、そして匡平からも思いを寄せられる順子だが、勉強ばかりしてきた彼女は恋にうとく、意図せず男性陣を振り回してしまっている。

 しかし、順子というキャラクターにいやらしさはなく、むしろ一生懸命で好感さえ持てるキャラだ。立場も性格もバラバラな男性たちが“恋の火花”を散らす様子もコミカルに描かれ、ときに切なく、愛おしい。ドラマの視聴率自体は決して良いとはいえないが、それでも各所で『はじこい』旋風が巻き起こっている。

 インターネット上では毎週、それはもう熱狂的な実況コメントが殺到しているし、「モデルプレス」が2月19日に発表した「2019年冬最もハマっているドラマ」という読者アンケートでも、『はじこい』は、関ジャニ∞・錦戸亮主演の“月9”ドラマ『トレース~科捜研の男~』(フジテレビ系)を抑えて1位を獲得。さらに「オリコン」によれば、2月18~24日に集計した「週間デジタルシングル(単曲)」のランキングで、『はじこい』の主題歌としてback numberが書き下ろした『HAPPY BIRTHDAY』(配信開始日は2月19日)がダウンロード数1位となっている。

 そんななか放送された第7話では、順子が匡平の理数科目強化のため、東大受験専門塾「花恵会」に通わせることに。匡平は順子以外から勉強を教わるのを嫌がり、生徒にチヤホヤされる人気講師・百田朋奈(高梨臨)のテンションにも辟易していたが、勉強面では百田の腕を認める。かたや順子は、自分から匡平に花恵会へ通うようすすめたのに、百田の学歴、実績、若さなどを実感し、落ち込んでしまう。

 順子の幼馴染み・松岡美和(安達祐実)からは「嫉妬なんじゃない? 講師としても。女としても」と指摘されたが、順子は即座に否定し、理数科目以外では引き続き匡平の力になれるよう、教材づくりに燃えていた。しかし、あるとき雅志は百田の“正体”を知って順子を心配する。ほぼ同じタイミングで、ネットの書き込みから百田の“経歴詐称”が発覚し、順子と匡平は百田のもとへ。一方で、一真の前には元妻・優華(星野真里)が現れて……という展開だった。

 ネット上では、常に男性キャラの一挙手一投足に注目が集まり、今週は「順子が帰るとき、店の扉を開けてあげる雅志の動きが自然で良かった。ああいうさりげない優しさはヤバい」「順子には髪を触らせたユリユリ(匡平の愛称)が百田の手は避けるところにグッときた!」「順子の家の窓から侵入してくる山下先生がカワイイ……。頭に葉っぱがついてるのも、あざといけどカワイイ……」といった感想が飛び交った。

『はじこい』が「最もハマっているドラマ」1位に!放送中のネット上・実況合戦がブームにのページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、, , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事