NEW

海外の一流ビジネスパーソンが実践する、「朝型習慣」を取り入れる5つのコツ

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今すぐ、どっかへ Doccaより】

 海外で成功する起業家やブロガー、ビジネスパーソンの多くが「朝型」のライフスタイルを実践していると言われています。朝早くから1日をスタートさせることで、有効に使える時間が増え、より多くのタスクがこなせるようになります。また、朝は脳が働きやすいため、生産性の高い作業が行えることも人気の秘密です。

 そうはいっても、夜ふかしはともかく、朝早く起きるというのは簡単なことではありません。日本でも昔から「早起きは三文の徳」と言いますが、いざ実行に移そうとしても、なかなかベッドから出られない現実に打ちのめされる人も多いのでは?

 今回は、そんな「朝型習慣」を確実に身につける早起きのコツを5つ、ご紹介しましょう◎


1. 夜は早めに寝る

 当たり前のことですが、夜ふかしをしてしまうと次の朝早く起きることはできません。

 アメリカで睡眠科学のコーチを務めるクリス・ブラントナーは、自然な目覚めを引き出すには、8時間または少なくとも7.5時間の睡眠時間が必要になるとアドバイスしています。

 質の高い睡眠を摂ることで、前日の疲れを回復させることができ、すっきりとした気分で目覚めることができるようになるそう。
まずは起きたい時間を決めたら、そこから逆算した時間を就寝時間に設定するのが理想的です◎

2. 就寝前の「ベッドタイム・ルーティン」をつくる

「早く起きるためには、早く寝ることが鉄則」ということはわかっていても、思い通りの時間に眠くならないという人も多いはず。

 設定した就寝時間にきちんと眠りにつくようにするためには、体内のリズムを整えることが大切です。

 就寝前は電子機器をオフにし、カフェイン飲料や食事を控えるなど、決まったベッドタイム・ルーティンを習慣づけることで、体が自然に眠る時間を覚えて行きます。

続きは【Docca】で読む

海外の一流ビジネスパーソンが実践する、「朝型習慣」を取り入れる5つのコツのページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、ライフスタイル睡眠の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事