NEW

野村周平、下着姿の女性と泥酔&くわえタバコの“乱痴気”写真流出…主演ドラマにも批判

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 一方で、逞の父・垣野内寛貴(児嶋一哉)は繭との交際を前向きにとらえている様子。逞は長期入院することになったのだが、その前に繭と2人きりでデートするのを許してくれた。

 逞が入院した後も、繭は逞が勉強に遅れないように友達と逞専用の勉強ノートを作成し、病院に届けていた。しかし、ある日病室の外が慌ただしくなり、見に行くとそこにはICU(集中治療室)で管につながれている昴の姿が。傍らには、昴の弟で繭や逞の友達の鈴谷律(佐藤寛太)とその母親がおり、さらに交際中の優実が慌てて駆けつけてきたことで昴の命が危険な状態であることは明らかだった。

 その後、昴は脳死状態であるとわかるが、昴は臓器を提供することを承諾するサインが書かれたドナーカードを持っていた。さらに、逞のお見舞いに病院を訪れた逞の母が病院内で“若い子が脳死かもしれない”という噂話を耳にして、主治医の種田に逞にドナーが回ってくる可能性を訪ねると、年齢・性別・血液型・地理的なことから逞にドナーが回ってくる可能性が高いと告げたのだった。

守秘義務違反?

 やっと、昴と優実が上手くいき2人が幸せになるかと思った矢先のショッキングな出来事だったが、ネット上では医者である種田が「守秘義務全然守ってない」と話題になっていた様子。

 ひとつは、娘の彼氏だからといって繭に患者の情報(入院すること、病気の進行度など)を軽々しく話してしまったこと。もうひとつは、かなりデリケートな問題にもかかわらず、ドナー提供が回ってくる可能性について「高い」と患者側に説明してしまったことだ。ほかにも、誰でも勝手にICUに入れる状態のセキュリティの甘さや、脳死状態の子がいるとすぐに院内に噂が広まってしまったことなどについても、ネット上では「ICUに部外者が勝手に入れるの?」「なんで脳死のことがすぐ周りに知られてるの? あり得ないよね」「いくら付き合ってるからって娘に逞の個人情報教えちゃダメでしょ」という声があがっていた。

 また、逞と繭が昴の脳死を知ったあとの態度についても「そんなショック受けてなさそう」「なんだかんだ昴とも仲良くしてたし、友達のお兄さんなのに2人ともドライすぎる」との声があがり、ドラマ全体として「命や病気の扱いがあまりにも軽い」「人の生死が軽すぎるし、このドラマ倫理観とかないわけ?」という声も集まっていた。

 主演の野村、そしてドラマのほうも厳しい評価を受ける事態となっているが、いずれにしても、ドラマがどんな結末を迎えるのかを見守りたい。
(文=絢友ヨシカ/ライター)

野村周平、下着姿の女性と泥酔&くわえタバコの“乱痴気”写真流出…主演ドラマにも批判のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事