NEW

マツモトキヨシ業界4位転落なぜ? 仁義なきドラッグストア戦争の意外な内幕

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

(左)ウエルシア薬局(公式サイトより)/(右)マツモトキヨシ(wikipediaより)

 この10年で業界全体の売上高が約1.4倍になったと言われるほど、飛躍的な成長を続けてきたドラッグストア業界。我々消費者の生活にも身近な存在だが、ある異変が起きているようだ。

 2016年度までの22年間、ドラッグストア業界の売上高ナンバーワンとして君臨していたのが、“マツキヨ”の愛称でおなじみのマツモトキヨシHD(ホールディングス)だ。マツモトキヨシは1932年創業という歴史を持ち、長らく業界の雄として君臨してきた。しかし、そのマツモトキヨシが2016年度にトップから転落して以降、業界の勢力図は大きく塗り替えられている。

 マツモトキヨシに代わって首位に立ったのは、M&Aによって規模を拡大してきたウエルシアHDだ。2008年の創業以来急成長を続けており、現在の国内店舗数は1700店を超え、18年2月期売上高は6952億円にも上る。さらに、19年2月期は7800億円を見込んでいるという。

マツモトキヨシ業界4位転落なぜ? 仁義なきドラッグストア戦争の意外な内幕のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事