NEW

『3年A組』今期新作連ドラ視聴率ダントツ1位に…早くも次週最終回で謎解き完結

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 3月3日に日本テレビ系「日曜ドラマ」枠で放送された連続テレビドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』第9話が平均視聴率12.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)をマーク。前週第8話で記録した12.0%から0.9ポイント上昇し、5週連続でのアップ&4週連続での自己最高更新となった。

 今期の連ドラのなかでは、連続テレビ小説『まんぷく』(NHK)や人気シリーズ『相棒 season17』(テレビ朝日系)を除く新作としては、直近放送回の視聴率はダントツの1位だ。

 本作の主演は、同月1日に都内で行われた第42回日本アカデミー賞の授賞式でプレゼンターを務めたことでも話題の菅田将暉。第37回日本アカデミー賞で新人俳優賞、第41回日本アカデミー賞で最優秀主演男優賞を受賞している、実力派の若手役者だ。『3年A組』では、生徒を“人質”にして校内に立てこもる教師・柊一颯を演じている。

 柊はこれまでに、自殺した生徒・景山澪奈(上白石萌歌)を苦しめた“フェイク動画”にかかわる人物を暴いていき、そのために人質にされた29人の生徒たちも柊の思いに心を動かされていった。世間でも柊を“ヒーロー”とする意見が続出し、逆に自殺する直前の澪奈と共に防犯カメラに映っていた教師・武智大和(田辺誠一)を糾弾する声が殺到。しかし、第9話で柊がつくった“フェイク動画”がSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上に投稿されると、世間でも“柊一颯真犯人説”が拡散し、バッシングが飛び交った。

 動揺する生徒たちに、柊はこの展開も“シナリオ通り”であることを告げた上で、「すべての真実を話す授業」を行う。その後、柊は学級委員長・茅野さくら(永野芽郁)の制止を振り切って、新たに人質にとっていた刑事・郡司真人(椎名桔平)を連れて屋上へ。ほかの生徒が、生放送されている柊の動向をスマートフォンなどで見守るなか、さくらは教室で「私が澪奈を殺した」と激白。そして、同じとき、柊が突然の銃弾に倒れる……という内容だった。

 今回は“数年後の3月9日”のシーンからスタートしたため、インターネット上の視聴者も「ブッキー(柊の愛称)がこうなるとはわかってたけど、やっぱりツラいわ」としんみり。一方、柊が「すべての真実を話す授業」を行ったシーンは、生徒に話した内容がオンエア上では一部“無音”になって伏せられるという演出が施されており、「はぁ? やっといろいろ明らかになると思ったのにまだ引っ張るの?」「なんか生徒は泣いてるけど、置いてけぼりの視聴者はイライラするよね」などと不満の声もみられた。「ストーリーはさておき、菅田くんの演技はすごい」「テレビ画面越しでも迫力ある」といった意見も多いだけに、なおさら「菅田くんの熱演シーンが無音だったのが残念すぎる」と思われたようだ。

 また、さくらの告白に関しても「怪しいと思ってた」「実際にさくらが殺したんじゃなくても、なんかワケありな雰囲気はあったもんね」「ある程度、予想の範囲内っていうか……つまらない」というコメントが散見された。それでも、真相を見届けるため最終回まで視聴する人は多いだろう。結果的に賛否が分かれるラストだったとしても、数字は良いはずだ。

『3年A組』今期新作連ドラ視聴率ダントツ1位に…早くも次週最終回で謎解き完結のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、, , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事