石徹白未亜「ネット依存社会の実態」【アプリ四季報 2018年10~12月】

PayPayは日本人の“財布を握った”のか?激増したユーザーを逃さない巧妙な戦略

スマホ決済アプリの「PayPay」(写真:東洋経済/アフロ)

 ダウンロードしたものの、数回使っただけで休眠状態だったり、アンインストールしてしまったりしたアプリがある人も多いはずだ。テレビCMなどでは「数百万ダウンロード突破!」と威勢のいい言葉を聞くが、実際にどんなアプリがどの性年代にどのくらい使われ続けているのか。

 本連載では、ダウンロード数だけでは見えない「アプリの利用率」をモニターの利用動向から調べるサービス「App Ape」を提供しているフラーに、四半期ごとに人気アプリの実態について聞いている。

 今回も、同社のコンサルティング本部長の岡田雄伸氏、「App Ape Lab」編集長の日影耕造氏に、2018年第4四半期(10~12月)を中心にアプリの動向を聞いた。

PayPayユーザー激増の裏に巧妙な戦略

――毎回こちらの連載では四半期を象徴するアプリを岡田さんに紹介していただいていますが、18年10~12月を象徴するアプリはなんでしょうか?

岡田雄伸氏(以下、岡田) 猛烈にユーザー数を増やした、QRコードを使ったスマホ決済サービスアプリ「PayPay」ですね。PayPayはソフトバンクとヤフーの合弁会社PayPayによるサービスで、技術面ではインドの決済サービス事業者Paytmと連携しています。

――政府発表の「未来投資戦略 2017」では、27 年までに現金以外のキャッシュレス決済比率を16年時点の20%から倍の40%程度まで上げるという目標が掲げられています。日本は「現金主義」の人も多く、他国と比べキャッシュレス決済の割合が低いともいわれていますね。

岡田 PayPayのサービス提供開始は18年10月5日です。そこから、ユーザーがどう増えたのかを見てみましょう。こちらが、App Apeによる所持ユーザーの推移になります。実数は出せないのですが、11月最終週から12月1週目までのわずか2週でユーザー数が激増しました。これほど短期間でユーザー数がここまで増えたアプリは、なかなかないですね。


――ユーザー激増の背景には何があったのでしょうか?

岡田 11月22日に発表した大型キャンペーンの影響があります。「100億円あげちゃうキャンペーン」というもので、「支払額の20%がPayPayボーナスとして還元される」と「40回に1回の確率で支払額の全額がPayPayボーナスで還元される」という2つの特典で構成され、PayPay側のユーザーへの還元金額が100億円になるまで行われるというものです。タレントの宮川大輔さんが出演するコマーシャルもよく見ましたよね。

――コンビニでの買い物ならともかく、家電量販店で数万円の買い物でこの還元率は大きいですね。当初、キャンペーン期間は18年12月4日から19年3月31日でしたが、開始から10日目の18年12月13日に還元金額が100億円に達したとして、大幅に前倒しされて終了しました。ただ、グラフを見るとキャンペーン終了後もPayPayのユーザーは減っていませんね。

岡田 還元されるポイントは、毎月月末までの合計が翌月10日前後に付与されるとあります。当然、ユーザーはそれまでアプリを消すわけにはいかないですから、付与のタイミングがうまいですね。

 また、PayPayは2月12日から100億円還元キャンペーンの第2弾を始めています。第1弾よりも還元率などのインパクトは下がっていますが、PayPayの負担が100億円になるまで続ける点は変わりません。

編集部のイチオシニュース
Pick Up News

人気記事ランキング

連載

ビジネス

総合

SNS