NEW

フジ『後妻業』つまらなさ徹底的でむしろ斬新…面白くないドラマ創作という“実験”の可能性

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 木村佳乃主演の連続ドラマ『後妻業』(フジテレビ系)の第7話が5日に放送され、視聴率は前回から0.5ポイント増の6.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区平均)だったことがわかった。

 このドラマは、遺産相続目当てで資産家の老人の後妻に収まり、次々と大金をせしめる武内小夜子(木村佳乃)と、小夜子の正体を暴こうとする中瀬朋美(木村多江)の対決をメインとした物語。小夜子は相棒の柏木亨(高橋克典)と組んで資産家の中瀬耕造(泉谷しげる)の遺産をまんまと手にしたが、娘の朋美は小夜子が用済みになった耕造を殺したのではないかと疑っており、対決姿勢を強めている。

 前回、「『後妻業』がつまらない原因のかなりの部分は、小夜子や柏木が全然ピンチにならないところにある」とこの欄で書いたが、第7話ではついに彼らにピンチが訪れた。なんと、殺人容疑がかかりそうになったのである。小夜子が狙っていた元開業医の笹島(麿赤兒)が突然練炭自殺したのだが、警察は他殺と疑っているというのだ。

 朋美は、小夜子の以前の夫が練炭で死んだことを突き止めており、父の遺産の半分をよこすように小夜子に迫る。応じなければ、マスコミが小夜子の過去をほじくり返すように仕向けるという。マスコミが騒げば、警察も動かざるを得なくなる。仮に逮捕されなかったとしても、小夜子の顔と手口が世間に知れ渡れば、後妻業を続けることは難しくなる。

 要は小夜子がカネさえ払えば済むのだから実は全然ピンチでもないのだが、一応は「ついに小夜子も年貢の納め時か」と視聴者に思わせる展開だ。さんざん待ちくたびれたが、ようやくサスペンスっぽくなってきた。

 と思ったら、笹島の事件はあっさり解決。なんと、通いの家政婦が自殺を装って殺害したのだという。理由は、「笹島のせいで息子が死んだ」という家政婦の思い込み。笹島がまだ医者だった頃、政治家の手術を優先したせいで息子が手遅れになったと思い込み、殺害の機会を疑い続けていたのだ。なんだそのしょうもない話は。伏線もなにもなく、超脇役にいきなり殺されて終わりなんて脚本があるものか。

 せっかく小夜子が追い詰められておもしろくなるところだったのに、これでまたあっさりピンチを脱出。やっぱりこのドラマは、「ここから盛り上がりますよ」という展開を仕掛ておきながらすぐ終息させてしまうのが得意なようだ。ドラマづくりとして根本的に間違っているように思う。

 木村佳乃に何度も変顔をさせたり、不倶戴天の敵同士である小夜子と朋美に毎回コント仕立てのドタバタを演じさせたりするのも、ストーリーそのものに力がないことの裏返しだろう。そうでもしないと何ひとつ話題になるポイントがないことに、制作陣の誰もが気付いているのではないだろうか。それが成功しているとは思わないが、「ストーリーにそぐわない演出として笑いものになっている」という意味では注目を浴びているので、まあいいのかもしれない。

 毎回「全然盛り上がらない」と書いているようだが、公開された第8話の予告映像は激動の展開を期待させる。小夜子が次のターゲットとして狙っている不動産会社の役員・舟山(中条きよし)がとうとう本性を現すようなのだ。予告映像には、「あんた、ホンマは詐欺師やろ」と切り込む小夜子に「おのれこそ詐欺師と違うんかい」とすごんで見せる舟山の姿が。次の場面では、顔に傷を負って倒れる小夜子に「この後妻業のバカ女が」と吐き捨てて立ち去る舟山の姿が映る。殴られて終わりというのもつまらないが、これまでやりたい放題だった小夜子がついに痛い目に遭うという意味では新たな展開となりそうだ。

ただ、予告映像で「次回は舟山に正体がバレた小夜子がボコボコにされますよ」というところまでネタバレしてしまうこのドラマの制作陣には、ちょっと閉口する。そこは、小夜子の正体がバレるのかバレないのか――というギリギリのところで期待を持たせる編集にすべきではないのか。徹底して盛り上がることの反対をやっていくこのドラマ、ある意味斬新である。
(文=吉川織部/ドラマウォッチャー)

フジ『後妻業』つまらなさ徹底的でむしろ斬新…面白くないドラマ創作という“実験”の可能性のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、, , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事