NEW
篠崎靖男「世界を渡り歩いた指揮者の目」

私が東日本大震災の被災地でベートーヴェン『第九』“歓喜の歌”を演奏、涙あふれた出来事

文=篠崎靖男/指揮者
【この記事のキーワード】, , ,

 大船渡では、地元の合唱団の方々も参加してくれましたし、被災した方々も多く聴きに来てくださいました。そして、演奏会の最初に黙とうをささげた際には泣いていらっしゃった、被災した聴衆の方々が、『第九』を聴いた後は笑顔で帰って行かれたのです。僕は「音楽家になって良かった」と、心から思いました。

 そんな僕に、大きなことを教えてくれる出会いがありました。終演後、地元の合唱団の代表の方が楽屋にご挨拶に来られたのですが、「今日はありがとうございました。篠崎さん、お体を大切にしてください。家族を大事に」と、何度もおっしゃられたのです。僕は人前にもかかわらず、涙があふれ出しました。

 僕は少し間違えていました。音楽家として何かできないかという気持ちでここに来たのに、被災者の方から、心からの温かい言葉をかけていただきました。僕がかけようと思っていた言葉を、反対にかけていただいたのです。今回の『第九』は、演奏した方々も、聴かれた方々も、皆さんが被災者でした。なぜ彼らが『第九』を演奏するのかといえば、これからは笑顔で復興に向かって、自分たちの力で前に進みたいという気持ちだからなのです。そんなときに、僕ひとりが泣きながら『第九』、すなわち“歓喜の歌”を指揮してどうするんだと思わされました。

 翌日、仙台市内の東北文化学園の体育館で、もう一度『第九』を演奏しました。僕もしっかりと前を向いて指揮をしました。70分以上かかる演奏中、ずっと泣いていた聴衆の方々が何人もいたと後で聞きましたが、終演後は皆さん笑顔で帰って行かれました。僕は音楽と、そして何よりも人間の力を深く理解しました。皆さんを音楽で力づけようとしたつもりが、多くのことを皆さんから与えていただいた時間でした。そして、僕の音楽に対する向き合い方が大きく変わった出来事でもありました。

 最後になりますが、被災地の1日も早い復興をお祈りしております。
(文=篠崎靖男/指揮者)

私が東日本大震災の被災地でベートーヴェン『第九』“歓喜の歌”を演奏、涙あふれた出来事の画像2
●篠﨑靖男
 桐朋学園大学卒業。1993年アントニオ・ペドロッティ国際指揮者コンクールで最高位を受賞。その後ウィーン国立音楽大学で研鑽を積み、2000年シベリウス国際指揮者コンクール第2位受賞。
 2001年より2004年までロサンゼルス・フィルの副指揮者を務めた後、英ロンドンに本拠を移してヨーロッパを中心に活躍。ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団、BBCフィルハーモニック、ボーンマス交響楽団、フランクフルト放送交響楽団、フィンランド放送交響楽団、スウェーデン放送交響楽団など、各国の主要オーケストラを指揮。
 2007年にフィンランド・キュミ・シンフォニエッタの芸術監督・首席指揮者に就任。7年半にわたり意欲的な活動でオーケストラの目覚ましい発展に尽力し、2014年7月に勇退。
 国内でも主要なオーケストラに登場。なかでも2014年9月よりミュージック・アドバイザー、2015年9月から常任指揮者を務めた静岡交響楽団では、2018年3月に退任するまで正統的なスタイルとダイナミックな指揮で観客を魅了、「新しい静響」の発展に大きな足跡を残した。
 現在は、日本はもちろん、世界中で活躍している。ジャパン・アーツ所属
オフィシャル・ホームページ http://www.yasuoshinozaki.com/

情報提供はこちら

RANKING

5:30更新
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合