NEW

【今さら聞けない】意外と知らないビデオ・オーディオケーブルの種類

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

 AV機器やパソコンは、オールインワンの製品でない場合、連携して利用するにはケーブルを接続しなければならない。ケーブルには多くの種類があるので、慣れないと混乱しがちだ。そんな悩みを軽減するために、ケーブルについて最低限の基礎知識を学んでおこう!

映像はテレビかPC用ディスプレイかで判断


 テレビやレコーダー、オーディオシステム、パソコンといった電子機器を接続する場合、いちばん悩ましいのがケーブルだ。規格が非常にたくさん存在していて、しかも機器に2つ以上のコネクターが搭載されているケースが少なくないため、どれを選べばよいのか迷ってしまう。最近登場したばかりなのに使われなくなってしまったり、数十年前からあるのにまだ現役で使われていたりする規格もあるのがさらに悩ましい。

 問題を最初に切り分けるのは、映像を表示したいのか、サウンドだけなのかという点だ。映像を表示する場合は、テレビなのかパソコンなのかによってさらに切り分けられる。最近のテレビの場合は、ほぼ「HDMI」の一択なので、それほど難しくはない。パソコンの場合は、本体に装備されたディスプレイ出力端子の規格が重要で、それに加えてディスプレイ側の入力端子の規格にも合わせなければならない。ディスプレイにケーブルが付属していれば、それをまず使ってつないでみよう。

続きは【オトナライフ】で読む

【今さら聞けない】意外と知らないビデオ・オーディオケーブルの種類のページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、, , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking

関連記事