NEW

明石家さんまの“衰え”が業界内で話題に…話をオトせず、ゲストが愛想笑い、トーク制止

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 もともと彼女は裁判所に勤めていたものの、50歳を機に若い頃から憧れだった吉本興業のお笑い養成所「NSC」に入ったという異色のキャリアを持つ。その興味深い半生を語り、そこから『カメ止め』の出演に至る話をしようとした瞬間、さんまは「もういいです」とシャッターを閉めてしまったのだ。これには、バイきんぐ・小峠英二も「せっかく温まってきましたよ今、急にぶったぎっちゃうから」と戸惑いを見せていた。

 また、モデルのトラウデン直美にさんまが「(今後)女優さんになってくとかないんですか?」と質問した際、彼女が「どうなんでしょうね」と今後はまだわからない旨を答えると、さんまはいきなり「知らんがな! 今さら相談されても」と返した。これにも、小峠は「聞いといて『知らんがな』はないでしょ」、ケンドーコバヤシも「わからないんですよ、だから」、出川哲朗からは「彼女からすれば(さんまさんは)情緒不安定ですよ」とツッコミが続出した。

「かつてはテンポのあるトークでうまいラリーができていたさんまですが、それができなくなりつつあります。ひとりの話を広げていくことができないため、とにかくほかのゲストに『あなたは?』『あなたの場合は?』と話を振ることが多くなってきました。また、かつては新キャラを発掘してスターに育て上げる手腕にも定評がありましたが、最近の『御殿』は大久保佳代子などの芸人や丸山桂里奈など、さんまのイジリがなくても最初からおもしろい人材を何組も入れて、援護射撃を増やそうとしています。また、最近はさんまのトークに対するゲストの愛想笑いが痛々しいのも気になります」(同)

“お笑い怪獣”の名をほしいままにしてきた、さんま。時代遅れの怪獣にならないことを祈りたいものだが……。
(文=編集部)

明石家さんまの“衰え”が業界内で話題に…話をオトせず、ゲストが愛想笑い、トーク制止のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、お笑い明石家さんま踊る!さんま御殿!!の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事