NEW
中西貴之「化学に恋するアピシウス」

中国、宇宙開発大国に…年間の地球周回軌道到達ロケット数で世界一、日本に圧倒的大差

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
月面走行を開始した直後の玉兔2号(提供=CNSA)

 中国の宇宙開発が急速にペースを上げています。2019年、最初に宇宙好きを盛り上がらせた話題は、中国の探査機「嫦娥(じょうが)4号」が人類史上初めて月の裏側への着陸に成功したというニュースでした。嫦娥4号は、搭載していた6輪式無人月面探査車「玉兔(ぎょくと)2号」を発進させることにも成功しました。なお、「嫦娥」とは月の世界に住むとされる仙女のことです。

 日本の宇宙航空研究開発機構(JAXA)に相当する中国の宇宙機関は、中国国家航天局(CNSA)です。CNSAは13年に「嫦娥3号」と「初代玉兔」を月の表側に送り込んでいます。このときは着陸には成功したものの、玉兔は謎のトラブルに見舞われ、すぐに活動を停止しました。

 日本が月周回探査機「かぐや」を送り込んだのは、それ以前の07年のことでした。ご存じの通り、その後日本は月へはまったく近づいておらず、米中の背中は遠くなるばかりです。かぐやの成功当時は後継機「かぐや2」で18年には月からのサンプルリターンを成功させたいというプランもありましたが、予算の都合でめどは立っていません。

 18年の1年間で中国は35基のロケットを地球周回軌道に到達させ、2位の米国の30機を抜いてもっとも多くのロケットを地球周回軌道に到達させた国となったことは、あまり知られていない事実です。なお、日本は4機です。日米欧ロが宇宙開発予算の削減で苦しむなか、中国ではCNSAはもちろんのこと、非常に多くの民間スタートアップ企業が国の厚い支援を受けており、中国国内企業同士が宇宙開発を競い合っているのは日本にはない光景です。

月の誕生をめぐる最有力説と異論


 人類初の月の裏側への軟着陸は、地球の兄弟である月の成因や、月の表側(地球に向いている側)と反対側(月は地球にいつも同じ側を向けている)の地形が大きく異なる理由など、多くの科学的知見を与えてくれるものとして期待されています。

 月の誕生のメカニズムで現在もっとも有力視されているのは、太陽系が誕生した直後の太古の地球に、地球の3分の1ほどもある惑星が衝突し、ちぎれ飛んだ破片が再集合して月になった、という「ジャイアントインパクト」説です。しかし、この説にはアポロが持ち帰った月の隕石の組成が地球の岩石とは異なることを根拠に、異論も唱えられています。今回、月の裏側の探査が行われることによって、ジャイアントインパクト説にもなんらかの影響を与えるものと期待されています。

イスラエルの民間団体も月面着陸に成功か


 嫦娥4号と玉兎2号に搭載された機器は、重慶大学など中国の科学研究機関のほか、公募で採用されたオランダの低周波観測装置、ドイツの月面中性子・放射線量探査装置、スウェーデンの中性原子探査装置、サウジアラビアの月小型光学イメージング探査装置が搭載されています。公表されている主なミッションは以下の3つです。

・地球の電波ノイズがさえぎられる月の裏側での低周波電波による宇宙観測

・月の裏側の鉱物組成や表面構造の調査

・月の裏側の放射線を中心とした環境の調査

 搭載された装置と公表されているミッションから容易に想像されるのは、まずは本当に月で資源採掘をする価値があるかどうかの初歩的調査を行おうとしていること。2つ目は、月の裏側への長期滞在における健康被害の予測です。

『宇宙と地球を視る人工衛星100 スプートニク1号からひまわり、ハッブル、WMAP、スターダスト、はやぶさ、みちびきまで』

地球の軌道上には、世界各国から打ち上げられた人工衛星が周回し、私たちの生活に必要なデータや、宇宙の謎の解明に務めています。本書は、いまや人類の未来に欠かせない存在となったこれら人工衛星について、歴史から各機種の役割、ミッション状況などを解説したものです。

amazon_associate_logo.jpg

中国、宇宙開発大国に…年間の地球周回軌道到達ロケット数で世界一、日本に圧倒的大差のページです。ビジネスジャーナルは、連載、ロケット中国宇宙日本の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事